にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火曜日+α 21:00以降更新!

スキルの習得、スキルアップには、アスペルガー症候群の特性は最高の特性となる

f:id:world216636:20180123210504j:plain


From : INてぐらる

 

アクセスありがとうございます!

 

世の中には、ITスキル、語学スキル、マナーのスキルなど、様々なスキルがありますよね。

 

スキルというのは、強みのパーツの1つにもなりうるもので、私たちが後天的に、学びや教育などで身に付けた技能のことです。

 

そして、スキルの習得のいい点は、自由であるということです。

 

私たちは、手にしたいスキルを選んで、習得し、そのスキルで仕事などを通して人生の質が向上するのです。

 

今回は、アスペルガー症候群であるあなたがスキルを習得したいときにどのような考え方で、実践したらいいかをお伝えします。

 

・「こだわり」無くして…

 

まず、理屈の上では、どんなスキルであれ、ほとんどは誰でも習得できます。

 

ただ、そこに得意不得意はあります。身体的なものは才能が左右することはありますし、さすがに3歳ぐらいの子供がスキルを習得することはないですが、仕事に役立つスキルでもITスキルに苦手意識を示す人はいます。

 

ただし、本当にスキルを自分のものにできるかどうかの鍵を握っている、アスペルガー症候群の特性があるのです。

 

それが、「こだわり」です。

 

スキルの習得には、一定期間、ほとんどの時間を習得や実践に使います。質も伴ってくるでしょう。

 

「この時間は、必ずこれをやる!」という決断をする必要があります。

 

この「一定期間、質を伴う学習、実践」こそが、スキルの習得には必要で、こだわりがこれを実現します。

 

たとえ、得意な分野であってもこだわりがなければ習得することはできないでしょう。

 

「集中力」も、もちろん必要ですが、こだわりがあってこそ、相互作用で集中力は発揮され、実行できます。

 

そして、アスペルガー症候群であるあなたは「こだわり」を既に持っています。

 

多くの人は、こだわりを持つことは難しいですが、あなたは持っています。

 

あなたは、スキルの習得に、困難なことはほとんどなく、一気にレベルアップできるでしょう。

 

・「望み」「納得」がなければ活かせない

 

しかし、こだわりが強いため、心の底から納得できない、望んでいないスキルを習得することは逆に困難になります。

 

こだわりが働いて、そのために時間や労力を費やしたくないと感じるからです。

 

しかし、これは悪いことではありません。

 

そのスキルはあなたの適性に合っていないことがわかったから、別のスキルを探し、適性に合うものだけを習得すれば良いのです。

 

逆に言えば、適性に合わないスキルにこれ以上無駄な時間を使わなくて済んだのです。

 

・時間をかけると納得する場合も!?

 

ただ、「本当に最初の段階で判断してしまうと、適性に合ったスキルの習得を逃す可能性がある」というのが現実ありますし、難しい点です。

 

確かに、無駄に使わないようにするには、最初の方で判断するのが正しいのです。確かに

 

しかし、「ああ、上手くいかなかった、合わないんだな」と本当に最初の方で感じてしまい、習得をやめてしまうことは、「本来、合っていたスキルの習得を逃した」という損失が起こります。

 

これを、回避するには?

 

それは、最初から上手くやろうとせず、習得を楽しむ考え方で、スキルの習得、スキルアップを行うことです。楽しむことにこだわるのです。こだわれるかどうか?を見極めるのです。

 

実際、私が今、習得しようとしているスキルは、今の私にとって結構難しいです。しかし、楽しいので、続けています。

 

パズルだって、最初は上手く作ることはできませんでした。しかし、楽しいので1年、2年と続いてきたのです。

 

・「手にしたい」スキルを!

 

ですので、「手にしたい」「本当に欲しい」スキルを探し、実行することが、あなたの成長に繋がりますし、人生の質を高めます。

 

自信もつきますし、強みの発見や強化にもつながります。

 

探してみてください

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

体調は良くなった、ただし・・・

f:id:world216636:20180205115511j:plain

From : INてぐらる

 

アクセスありがとうございます。

 

今回は、先週のある検証について、現時点での結果発表を行います。

 

 先週のとある検証はこちらから↓

aspergerlife.hatenablog.jp

 

先週、私たちアスペルガー症候群の悩みや問題の解決には、睡眠の改善が重要だとお伝えし、それを自分で検証していました。

 

その結果、どのような感じになったのか?

 

体調は良くなったのか?

 

思考はクリアになったのか?

 

それでは、お伝えします!

 

・体調は良くなった!

 

体調は良くなりました!

 

日中の思考はクリアになって、結構物事が捗りました。

 

気持ちもゆったりしていました。

 

その点は、1週間以内で効果が出ました。

 

・しかし、長く働くようにはなれなかった。

 

ただ、長期戦は相変わらずです。

 

体力面は改善する兆しはありませんでした。

 

ただ、睡眠改善をもっと続けることで、どうなるかは気になりますね。

 

・ちょっと大きな変化が起こって・・・(言い訳)

 

実は、検証している1週間の間に大学が始まりました。

 

つまり、環境やペースが変わってしまいました。

 

この影響で、この数日極端に疲れてしまいました。

 

それで、一時的とはいえ全く動けなくなりました・・・

 

・今後、どうするか?

 

さて、今後の自己管理のポイントは「睡眠改善も続けながら、実際の行動も変えてみる」ということになります。

 

やることを減らす、運動の方も改善していく、ペースの管理もしっかりする、

 

この点もやっていきながら、睡眠は気をつけていくことになっていきます。

 

1週間だけでなく、1ヶ月、半年、1年と続けていくことで、より効果が出てくると思います。

 

・睡眠改善は大前提かもしれない・・・

 

ただ、この1週間の睡眠改善で感じたのは、悩みの解決、パフォーマンスアップ、体調管理の大前提は、睡眠にあるということです。

 

たしかに、今週だけではうまくいきませんでしたが、これからも続けることでより良くなっていくと思います。

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

あなたは目隠しをしたまままっすぐ歩くことができますか

f:id:world216636:20180413151106j:plain

From : INてぐらる

 

この問いに対して、誰でも

 

「そんなことは難しい」

「できない」

 

と、答えるでしょう。

 

「2〜5歩くらい歩けるけど、そのあとは難しい」

 

私もできません。

 

では、何故?このような問いをあなたにしたか?

 

もちろん、ただのネタでこのような話はしません。

 

目隠しをしたまま歩くような状態の人が、世の中には多く居るのです。

 

もちろん、まさに目隠しをした人がいるわけではありません。そんなことになったなら、事故が多発してしまいます。

 

では、目隠しをしたまま歩くような状態の人とはどのような人か?

 

それは…

 

・自分の○○を知らない人

 

自分の強み、もしくはその基となる才能を知らない人です。

 

実は、多くの人が知らないまま歩きます。だから、自分の目的地やそこまでの道を間違えます。

 

あなたは、近所のコンビニへアイスクリームを買うときに目隠しをしていきますか?行かないでしょう

 

ですが、私達の多くは「自分の人生」という道において、目隠しをして歩んでいます。

 

そして、それが普通であると思ってしまいます。目隠しされた状態が普通だと感じて、日々を過ごします。

 

だから、望み通りの人生が送れないのです。

 

・目隠しをとる2つの方法

 

では、そんな邪魔になる目隠しなら取ってしまいましょう。強みを見つけて、目隠しを外しましょう

 

2つのアプローチがあります。

 

1つ目が、強みを探して見つけることです。

 

強みとは

 

才能、特性、能力+知識、教育、スキル+経験+”アスペルガー症候群の特性”

 

で、表すことが出来ます。

 

これを、探し続けることで、徐々に目隠しを外すことが出来ます。もちろん、探せば探すほど、見つかっていきます。

 

才能、特性、能力は、ストレングスファインダーという書籍を活用する、多くの親しい人に聞いてみる。分析のテストや、自問で見つけ出せます。決めつけるというより、複数あったり、参考程度で考えるといいでしょう。

 

知識、教育、スキルは、今まで学んだことを思い出して、整理してみるといいでしょう。

 

経験は、今までのストーリーを洗い出してみましょう。変化が一番少ない、というより変化しないのは、この部分だけです。

 

また、アスペルガー症候群の活用できる特性は、強みの要素に出来ます。

 

この4種類の要素を意識して探してみてください

 

もう1つのアプローチは、先に望みのある目標を決めてしまうという方法があります。

 

そうすると、そのために使える自分の要素は何か?という視点で、見つめることで、いきなり強みを見つけ出すことが出来ます。

 

言うなれば、強烈な望み・情熱を持った目標は、あなたの目隠しを通り抜ける光のようなものです。

 

そうすると、目隠しを外しやすいのではないでしょうか?

 

いかがでしたでしょうか?

 

焦らずに、強みを探してくださいね。

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

特別編、改めて自己紹介

今週のお題「自己紹介」

 

From : INてぐらる

 

「さて、今日は何を書こうかな?」と少し考えて、ブログの今週のお題に「自己紹介」という文字があって、「いい機会だから、やろう!」と思い、この特別編です。

 

基本情報

名前:INてぐらる(本名は上田悠飛)

年齢:21歳

職業:大学生

 

ここから、質問形式でお送りします。

 

Q.何やっている人?

 

アスペルガー症候群コンテンツ(Asperger Life)

アスペルガー症候群についての情報や体験、アイデアを配信しています。

電子書籍は2冊配信中、今ちゃんとした講座も作成しています。

 

・パズルアーティストとして

 

最近停止していますが、再開していきたいですね。

 

また今後、「学習法」についても、今のがうまくいけば配信予定です。

 

Q.趣味は?

 

カードゲームやパズルをやります。マジック・ザ・ギャザリングというカードゲームをよくやります。また、パズルは数独や迷路を作ったり解いたりしています。

 

Q.飼っている動物はいますか?

 

猫がいます。それはねこでした。

 

今回は短めですが、この辺で

 

これからもよろしくお願いします。

 

p.s 何か聞きたいこと、なんでもいいので聞いてみたいことがありましたら、コメント欄やブックマークでコメントしていただければ、回答を自己紹介として追記していきます。

 

 

 

 

 

アスペルガー症候群は○○を改善すれば、悩みは減らせるのか?※自己検証中

f:id:world216636:20180407113001j:image

From INてぐらる

 

アクセスありがとうございます。

 

実を言うと、ここ最近の自分の調子、パフォーマンスは悪かったようです(〜ようです。は非常に重要なポイントです)

 

どのようなことかを具体的にお伝えしますと…

 

・今まで、本や教材で学ぶことに、抵抗感もなく、楽しくスムーズに行えていたのに、突然、抵抗感が生まれ、その結果イライラ、不安など、よくない気分が発生…

 

・集中力という武器も明らかに、弱くなっている

 

・もちろん、アスペルガー症候群向けの電子書籍やコンテンツの作成にも影響が出ました。ブログは影響が無いのは、調子が悪い時は更新していないからです。

 

・パズルアートを作る気持ちも、パズルを楽しむ気持ちが無くなってきてしまった。

 

これらの悪影響がおきたのです。しかし、もっと重大だったのは…

 

私がこれらの悪影響に気付かない、それが通常通りの行動だと思ってしまっていた。

 

と、言うことです。低いパフォーマンスの状態に慣れてしまっていたのです。

 

では、なぜ気づけたのか?というのは、私が良く見ているウェブサイトのコンテンツに、その原因とその原因を取り除くアイデアがありました。

 

そして、今はその改善を実施中です。

 

そして、私はこのアイデア・考え方は、普通の人はもちろんアスペルガー症候群の多くの悩みを消すアイデアになるのでは無いかと閃きました。

 

例えば

 

・精神状態が常に高いパフォーマンスで安定しているので、感情のコントロールが効きやすくなるのではないか?

 

・集中力を上手く操り、より計画的に行動できるのではないだろうか?

 

・日々を、強みを活かしてより楽しく生きられるのではないか?

 

・コミュニケーション・人間関係のストレスを減らせるのではないだろうか?

 

・何より、疲れにくくなるのではないだろうか?

 

そして、この仮説を立て、今、自身の体で検証中です。おそらく、1〜2週間はかかるのではないかと思っています。

 

・そのアイデアとは?

 

さて、ここまで読んでくれたあなたなら、そのアイデアがどのようなものかが気になっているかと思います。

 

または、そのアイデアの実践は難しいのではないだろうか?と思っているかもしれません。

 

しかし、このアイデアの実践は難しい論理も、お金も必要ありません。ただ、時間はかかる必要がありますが、1〜2週間でアスペルガー症候群特有の様々な悩みが消せるのでしたら、短い時間ではないでしょうか?

 

それでは、そのアイデアをお伝えします。

 

それは、毎日、7時間以上、睡眠をとるということです。

 

・6時間と7時間の大きな違い

 

私は、これから毎日7時間以上の睡眠を取り続けることを決めました。

 

0:00に寝たら、7:00に起きるようにしました。

 

実は、これは実際、アメリカの大学での睡眠の実験で明らかになったことからら、このアイデアが誕生し、それを私がやってみようと考えたのです。

 

健康的な男女48人を、以下の4つのグループに分けて、2週間経過を見たそうです。

 

①3日間徹夜

②毎日4時間の睡眠

③毎日6時間の睡眠

④毎日8時間の睡眠

 

調査の結果として、8時間しっかり睡眠をとった人々は、認知機能・注意力・運動神経ともに全く低下しなかったそうです。一方、4時間と6時間のグループはというと、日を追うごとに着実に身体機能が低下していったそうです。

 

ここで、意外な事実は最も能力低下が大きく現れたのは、4時間睡眠のグループですが、6時間睡眠のグループもさほど大差はなかったのです。

 

この結果から2つのことがわかったそうです

 

①寝不足は蓄積される、負債のように、、、

②寝不足の蓄積は、次第に慣れてしまい、パフォーマンスが低下したことに気付かない

 

そして、私が1番驚いたのは、「どの程度まで、パフォーマンスが低下するのか?」ということです。6時間睡眠を2週間続け、どの程度まで下がってしまうかというと、なんと徹夜2日目と同じくらいまで下がってしまうそうです。

 

このことで、私の最近の作業の効率の悪さや、気分の低下は、このせいだということに気付きました。

 

私は、徹夜2日目と同じくらいのエネルギーで、活動しようてしていたことになります。

 

それは、行動出来ないのも無理はないですね。

 

そして、その後、睡眠時間は7時間以上が最適だということもわかったようです。

 

そして、これは睡眠不足とは似て、全く違う睡眠負債という考え方が世の中に生まれたのです。

 

・まずは睡眠から変えてみる

 

まずは、睡眠から変えてみてください。

 

7時間以上は寝てください。

 

そうすると、集中力やこだわり、仕事や人間関係、感情や思考などの様々な面で、大きく改善・成長できる可能性が高いです。

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

 

P.S. また、1〜2週間後に結果発表をしたいですね。楽しみです!

 

 

 

アスペルガー症候群の悩みを生む、最悪な考え方

f:id:world216636:20180327205815j:plain

 

From : INてぐらる

 

アクセスありがとうございます!

 

4月が始まってもう5日経ちますね。

 

今回も、アスペルガー症候群という才能の源を持つあなたに、日々を楽しく生き、大きく成長するアイデアをお伝えします。

 

さて、あなたは、自身がアスペルガー症候群と知って

 

「周りの人と、同じように振る舞おう」

 

と、考えたことはありませんか?ちなみに私はありましたし、周囲の人々から言われたこともあります。

 

ただ、この考えは、あなたの能力・才能を自ら潰し、不安と不満を生む最悪なものだということを知っていましたか?

 

今、私がブログを書いたり、電子書籍をだしたり、大学で納得のいく生活ができているのは、この最悪な考え方を捨てることができたからだと考えています。

 

・何故?最悪なのか?

 

はっきり言ってしまうと、「周囲の人に合わせて、行動・振る舞いをすることは、あなたの目標達成、すなわち成功を遠のかせる」ことになるのです。

 

これには、私がこのブログでも繰り返し言っている、成功哲学の権威的存在、アール・ナイチンゲールの言葉、

 

「大衆と逆のことをやれ、大衆は常に間違う」

 

から由来しています。

 

成功者= ー大衆や常識

 

マイナスは「逆」や「異なる」と考えてください

 

成功した人=望む目標を達成した人は

 

多くの人と異なる考え方をし、

多くの人と真逆の方向へ進み(たとえ、崖を下ったり、ジャングルのようなところを抜けるような道でも)

多くの人と、異なる習慣を持ち

多くの人と、異なることを学んできたからです。

 

だから、私もこのルールを、少しずつでも実行しています。

 

・あなたにとって必要なのは「非常識さ」と「自分らしさ」

 

私にとっても、あなたにとっても、アスペルガー症候群が望む目標を達成するために必要なのは「非常識さ」と「自分らしさ」です。

 

誤解して欲しくないのは、非常識さは、別に汚ないことをしろということや迷惑行為ではなく、"常識的なこと"とは異なる考え方や方法で、価値を生み出し、貢献し、目標を達成し、活躍するということです。

 

自分らしさとは、自分の特性や強みを理解して全ての行動、判断をするという事です。「誰々がこうした」では無いのです。

 

一真似ていいのは、成功者だけです。しかも、最終的にはその考え方を盗むぐらいにする必要があります。

 

ただ、それでもあなたはその「真似た成功者」ではありません。使えるところを自分らしさを加えて、行動する必要があるのです。

 

まずは、できることからやってみましょう。

 

多くの人は、1ヶ月に1冊も本を読みません。本を読むだけで、多くの人と異なる考え方になります。

 

多くの人は、日誌を書きません。日誌を書き始めるだけで、成功に近づきます。

 

ブログ等をみていると、他の人も普通にやっているように見えますが、そもそもブログを運営している人が少数派です。

 

・「大衆」「常識」を識る

 

そして、真逆の方向へ進むために、是非、「大衆」「常識」を識ろうとしてください。

 

「なんで?」と思うかもしれません。

 

実際は「常識知らず」で良いのです。

 

しかし、常識を知識として知って、それをあえて破った方が速いですし、効果的です。

 

全く知らなければ、もしかしたら同じことをしてしまっているかもしれない…

 

だから、知識として学んで、あえて否定して行動するのです。

 

「大衆」「常識」の意表を突くのです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

 

P.S. 常識を否定して、生きていくときに、あった方がいいのが、「自分への確信」でもある「自信」です。

 

実は、「アスペルガー症候群と自信」に関する新しい本を出版したので、是非読んで欲しいのですが…

 

期間限定で、無料でお読みになることができます↓

https://www.amazon.co.jp/アスペルガー症候群が自信を身に付け、生きる秘訣-上田悠飛-ebook/dp/B07C9XLHBR/ref=sr_1_22?ie=UTF8&qid=1522844131&sr=8-22&keywords=アスペルガー症候群

 

 

 

アスペルガー症候群が知っておきたい最高のコミュニケーションツール

f:id:world216636:20180403220654j:plain

From : INてぐらる

 

最近、「これは、アスペルガー症候群がコミュニケーションで活用するべきだ!」と確信したものがあります。

 

このツールは

 

・コミュニケーションから「焦り」や「緊張」が消えます。余裕が生まれ、苦手な意識が消えるでしょう。

・振り回されにくいものです。どちらか一方に会話という車のハンドルがあるわけではなく、そもそもハンドルが無いのです。

・実は、あなたも良く知っています。もちろん、使用しています。

 

あなたはこのツールを活用したコミュニケーションを、主体とする事で、コミュニケーションにおける煩わしい思いはほとんど消えるでしょう・・・

 

それでは、お伝えします。

 

・キーワードは非同期

 

では、そのツールの正体をお伝えします。

 

それは、「非同期なコミュニケーションツール」です。

 

もっと詳しくお伝えしますと、1対1、1対多の時に、お互いが、同じ時間帯を”共有しなくても良い”(非同期)コミュニケーションを行うツールです。

 

反対は、同じ時間帯を共有する必要があるコミュニケーションを行うツールです。

 

具体例を示しますと、メールは非同期なコミュニケーションツールです。お互いに、同じ時間帯を共有する必要がないですよね?「あとで読む」「あとで返事を返す」ということが選択できますよね?

 

では、対面での会話や電話で同じことができるでしょうか?不可能ですね?「少々、お待ちください」とはいえ、その間も時間はお互いに共有されています。

 

具体的なツールを示します。

 

非同期コミュニケーションツールは

・メール

・手紙

・LINE

SNS

などです。

 

また、特殊な捉え方として、ホームページやブログ、書籍も含まれます。(コメント欄やお問い合わせがあれば)

 

・非同期コミュニケーションのメリット

 

①緊張しない

まず、非同期のいいところは、いきなり回答したり、そのために緊張する必要が一切無いことです。

 

それは、ストレスが減ることを意味します。

 

②質の高いコミュニケーションが出来る

 

そして、すぐに返答しなくていい=焦らないので、しっかりと考えてから、返答ができます。

 

つまり、質が高いコミュニケーションができます。対面より、信頼できる可能性も高いのです!

 

・ルールを決めよう。

 

さて、最後に非同期コミュニケーションを主軸にするために必要なことをお伝えします。

 

それはルールを決めないと、恩恵を受けにくいということです。

 

私は、非同期なコミュニケーションは「来たらすぐに返さず、時間帯を決めて返す」ことをルールにしています。

 

メールやLINEにしても、すぐに返す習慣があるとそれは非同期コミュニケーションではなくなっています。今すぐやめ、時間帯を考えて返すことをお勧めします。

 

お勧めは、夜の何もしなくていい時間帯に行動することをお勧めします。

 

ルールを決めてください!

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

 

P.S. もし、あなたが自信を身につけ、充実した日々を送りたいのであれば、そのために、私が作成した新しい本を、今なら¥0でお試しできるのですが・・・

 

以下のリンクよりお楽しみください

https://www.amazon.co.jp/dp/B07C9XLHBR/ref=sr_1_23?ie=UTF8&qid=1522730356&sr=8-23&keywords=アスペルガー症候群

 

P.P.S.S. 無料期間は土曜日で終了ですので、忘れないうちに手に入れてください

 

さらに追記:少しブログのデザインを変えました。見やすいですか?