にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火曜日+α 21:00以降更新!

アスペルガー症候群と生産性②具体的な方法

f:id:world216636:20180220182338j:plain

(画像はぱくたそ様より)

From : INてぐらる

 

アクセスありがとうございます。

 

今回も、アスペルガー症候群であるあなたの生活を良くするヒントをお届けします。

 

アスペルガー症候群と生産性、その2です。間が空いてしまい申し訳ありません

 

前回を読んでいない方はまずはそちらを先にご覧ください↓

aspergerlife.hatenablog.jp

 

ここで、軽く復習しておきますと

 

・生産性=成果(アウトプット)/労力、投入(インプット)

 

・日々の生活に取り入れるには、何がインプットで何がアウトプットなのかを理解し、目標・目的を把握する必要がある。あなた自身が独自に

 

・生産性を高める仕組みは3パターン↓

①アウトプットの質を変えずにインプットを減らす。
②インプットを変えずにアウトプットを増やす(質を向上させる)
③インプットを減らして、アウトプットを増やす(質を向上させる)

 

今回は、生産性を高める仕組みを具体的なものにしていきたいと思います。具体的な行動に取り入れるためのコツをお伝えします。

 

アスペルガー症候群が生産性を高めるための具体的なコツ

 

①集中力を活用して、時間と労力を減らす

 

驚異的な集中力を活用して時間と労力を最小化し、成果の質を変えないもしくは高めることで生産性を高めます。

 

このコツのメリットは、質の維持よりも向上につながりやすいので、とても効果的なものです。また、達成感も強く感じる事が出来ますし、時間と労力を最小化することも容易です。

 

デメリットは、思考や精神といったことに疲れを感じやすいので、その度合いによっては生産的とは言えない可能性があります。

 

②行動を簡単と感じる状態まで、細分化する

 

行動そのものを、簡単になるまで細分化します。もっと言えば「やると決めたら出来る」ぐらい具体的にするのです。逆に言えば具体的でなければ生産性を高めにくくなります。

 

各行動ど細かく具体的にすると、その行動全体がとても効率よくでき、生産性が高まります。

 

試しに、1日を効果的に生きるでやってみましょう

 

・朝 7:00までに起きる

・歯を10分ぐらい磨く

・顔を洗う

・ご飯を食べる

・○○という本を30ページ以上読む

etc

 

このような感じに簡単と感じるように具体的、細分化するのです。

 

これにより、自分がどこで生産的でどこで非生産的かがわかるようになります。

 

③その行動に集中している間は、他の事を考えないようにする

 

これは、最近学んだことなのですが、その行動にはその行動だけに集中できる状態にしなくてはいけないということです。

 

つまり、その日の計画を頭で記憶してはいけない、ということです。

 

その日の計画を、②のコツを用いて細分化し、それを記録することで実行が、容易になります。

 

また、週末などに、次の1週間の予定をあらかじめ決めてしまうのも有効でしょう。

 

④自分のエネルギーのパターンを知り、高い時に重要な活動を行う

 

つまり、自分が1日のうちで、どこで元気な状態か?どこで、疲れてきてしまうのか?を把握し、元気な時に自分にとって大事な事を行います。

 

このコツは元気な状態の把握にも時間もかかりますし、変化することもあるので大変ですが、予定を効率的・効果的にこなせるので、生産性がとても高まります。

 

⑤適切に休む

 

休むことそのものは生産的ではありませんが、その次の行動を生産的に実行する助けになります。

 

これはスポーツ選手が、日々の食事や睡眠などに気を使うのと似たような感じです。機械であっても休ませることが重要です。私もあなたも休む事を軽視してはいけません。

 

このためには、あらかじめ休む事を予定に入れてしまうのです。そして、その合間に活動するようにするのです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

明日から、生産的に生きてくださいね!

 

アスペルガー症候群の自由で充実した日々へ

INてぐらるでした。

 

P.S これらのことを効果的に実行するには日誌をつけて、記録することをオススメします!

 

 

aspergerlife.hatenablog.jp

 

本日の更新はお休みします。

From : INてぐらる

 

本日の更新は、自分の行動調整のため、お休みさせていただきます。

 

また、明日以降よろしくお願いします!

 

最後に、前にもご紹介した「行動のペース」の根幹に関わるシェイクスピアの名言をお伝えして、終わります。ぜひ、心に留めておいてください。

 

賢明に、そしてゆっくりと。速く走るやつは転ぶ。

---ウィリアム・シェイクスピア---

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

アスペルガー症候群と明確さ

From : INてぐらる

 

一般的に明確さ、つまり「はっきりとしている、わかりやすいこと」というのは、ビジネス、人間関係、学習などさまざまな面で活きてくるものです。しかも強力です。

 

そして、アスペルガー症候群の活躍において、「強み」や「その強みを活かした得意なこと」を自他共に明確に示すことは、あなたの成長、人間関係など多くの場面で活きてくることです。

 

今回は、明確さをより深く掘り下げ、強みを明確にするコツをお伝えします。

 

・「なんかすごそう」よりも「はっきりとすごい」

 

例えば、Aさんは「私は、実用数学技能検定2級、実用英語技能検定準2級を取得しています」と言いました。しかしBさんは「私は、数学と英語が得意です」と言いました。2人のこのアピールは、どちらの方がはっきりと「すごいなあ」とわかるでしょうか?

 

もちろん後者の方ですよね、Aさんのは「なんかすごい」とは感じるかもしれませんが、「つまりどういうこと?」というクエスチョンマークが頭に浮かんでしまいます。しかし、Bさんは単純な言葉だけどはっきりとすごいとわかりますよね?

 

(ここで種明かしをしますと、2人とも同じ資格を持ち、同じことを伝えたかったのです。)

 

つまり、アスペルガー症候群であるあなたの強みを、周囲に正しく、しかもインパクトをつけて伝えるには、「なるほど」とすぐに感じさせる明確さが必要不可欠です。

 

良いニュースなのは、アスペルガー症候群であるあなたは「こだわり」「集中力」を活用することで、明確さを生み出せるということです。

 

また、考えたことを正直にはっきりと言うことは、実はコミュニケーションにおいて明確さを生み出しています!!つまり、あなたの強みや特技のアピールにも活用できます!

 

これは、アスペルガー症候群だけが持つアドバンテージです。

 

・明確にするには、自分が理解していないといけない

 

さて、「強みや、それを活かした特技」を明確に伝えるには、あなたがしっかりと理解していないといけません。もし、その強みがまだわかっていないのであれば、「集中力を活かして行ったこと」「得意なこと」は何かを考えてください。そこに強みのヒントがあります。

 

そして、それを単純に1つの文で言えるようなものにしてみてください。すると明確さが伴いますよ。

 

いかがでしたでしょうか?

 

明確さを意識してみてください!

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした!

 

P.S ブログ記事も字数云々よりも、”明確さ”を意識して書いていきたいですね!!!

目標が作り出す3つの大事な基準

f:id:world216636:20180205115806j:plain

(画像はぱくたそ様より)

From : INてぐらる

 

このブログの1番最初の記事では、アスペルガー症候群であるあなたに、まずやってほしい「目標設定をする」ということをお伝えしました。それが、あなたの強力なエンジンであり、高性能なハンドルであることをお伝えしました。

 

今回は目標設定を行うことによる、より具体的な効果である「基準を創り出す」について、お伝えします。

 

もし、あなたが目標設定をまだしていないのであれば、この記事を読むことで設定する必要性を強く感じるきっかけになるでしょう。

 

・「基準を創り出す」とは?

 

まず、基準を創り出すとは一体何のこと?と考えているあなたに、その答えをお伝えします。

 

それは、「あらゆる物事を目標達成のために決められるような判断基準」のことです。

 

その判断基準にのっとって判断し、行動することで、あなたはアスペルガー症候群のプラスの特性やあなた自身の強みを最大限発揮して最短ルートで目標を達成することができます。逆にあなた自身が不利になる、ストレスが溜まるようなことを極力避けることができます。

 

そして、その基準は目標設定によりはっきりと創り出すことができます。

 

・3つの大事な基準

 

本当は、もっと基準はあるのですが、今回は特に大事な3つに絞って伝えます。

 

①学習

 

目標を決めることで、学ぶべきことと、そうでないことがはっきりとわかるようになります。目標を達成するために何を学ぶべきか?どのように学ぶべきか?が理解できます。

 

より詳しく言うなら、最短距離での目標の達成のために何をどのように学んだら良いのかがはっきりとわかるようになるということです。

 

②人間関係

 

人間関係の基準も明確になります。お互いに良好な関係を築ける人が誰で、その人は自分の目標をどのようにサポートしてくれるのか?また、自分がその人の目標達成にどのように助けられるかがわかるようになります。

 

そして、お互いに悪影響をもたらす関係を断つこともできます。

 

③習慣

 

目標達成の為の良い習慣が何かがわかるようになります。また逆に自分にとっての悪い習慣が何かがわかるようになります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

ぜひ、目標を決めて、自分の大事な基準を明確にしてくださいね!

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした!

 

あなたへのおすすめ↓

 

aspergerlife.hatenablog.jp

 

「あと少し」をやめる

f:id:world216636:20180131105217j:plain

(画像はぱくたそ様より)

 

From : INてぐらる

 

 もし、あなたが1時間で終わらせると決めたタスクを終わらせられなかった時、あなたはどうしますか?

 

きっと、真面目なあなたは「もうすぐ終わるだろうから、あと10分だけ続けてやってから、休憩しよう」と思い、タイマーを無視して続けるでしょう。

 

しかし、これはやらずにしっかりと休息してから、タスクと再開してください

 

つまり、最初に決めた時間を妥協せずに、その時間になったらいかなる状態でも終わらせるようにするのです。

 

・もうすぐ終わると思うとついつい続けてしまいがちだが・・・

 

実は、私もこの間違いを続けていた時期がありました。「うーん、ちょっと納得いかないから、もうすこしだけやろう」と、タイマーがなっているにも関わらず、続けてしまいました。

 

しかし、その行動の成果の質が思っていたより高くはなりませんでした。そして恐ろしいことが起こりました。生産性が下がった状態で「もう少しだけ」を繰り返していたのです。まるで、ダイエット中に「あと一口だけ」を繰り返すような感じで、どんどん時間が伸びていったのです。

 

結局、当初決めたいた時間より働いたのにも関わらず、納得いくようなものができた感覚はありませんでした。

 

これは、時間を守らずに休憩をしっかりとらなかったことが原因です。そして、そのことが負の連鎖を繰り返していたことに気づいたのです。つまり、疲れにより成果を正しく評価出来ず、納得しにくくなり、納得するまで繰り返そうとした結果、長時間働くことになってしまったのです。(しかも、納得いく成果は手に入らない)

 

しかも、アスペルガー症候群は集中力が高い、やっていることを維持したい傾向が故に、このような連鎖に陥りやすいと考えています。

 

・疲れていると成果に納得できない

 

私は疲れている時にその成果を評価することをやめるようにしました。疲れている時の評価はどうしてもネガティブになってしまい、到底納得できません。そこで、一度休憩をし、スッキリさせてから判断することにしました。納得できなければ、休憩をとって、回復した状態なので生産性が低下することなく、行動を再開できます。

 

これにより、正しく評価ができるとともに、負の連鎖を断ち、長く働くことを避けることができたのです。

 

もちろん、評価の軸となるその行動の目標・目的が重要です。行動を起こす前によく考える必要があります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

「あと少し」を避けてくださいね。

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

 

P.S

【今日まで】思考を習慣化し、自信をつける方法を手に入れましょう!!!

aspergerlife.hatenablog.jp

 

休息時にやってはいけない3つのコト

f:id:world216636:20180130152820j:plain

From : INてぐらる

 

アクセスありがとうございます。

 

今回の記事では、体や精神を整える休息時にやってはいけないことを3つお伝えします。これから紹介することは、ついついやってしまいがちなことや、一見、感情的には楽しいも含まれています。

 

もしアスペルガー症候群であるあなたが、しっかりと休息を取りたいのであれば、今回の記事の内容を知ることで、休息時にやってはいけないことを回避できるので休息の質が高まり、結果として高いパフォーマンスとモチベーションを維持できます。もちろん、自己管理につながります。

 

①電子機器を見る

 

休息時に避けることの1つ目は、電子機器つまりスマートフォンやパソコンを使用、閲覧することです。事実、人間が受け取る情報の約90%が視覚によるものということを言っている専門家がいます。これはつまり、情報量の過多は視覚情報によって起こりやすいということです。

 

また、スマートフォンなどから発生するブルーライトは対策のメガネやフィルムがあるように、あなたの目に害をもたらします。結果として精神的なストレスにつながります。

 

このような理由から、休息中にスマートフォンやパソコンを使用するのはやめましょう。スマートフォンのゲームをやったり、Facebookツイッターを見てしまったり、登録しているYouTubeチャンネルの動画を見ることは気分転換や発散にはなりますが、休息ではありません。「楽しむ時間」を決めて休息とは別に楽しみましょう。電子機器が身近にある私たちは、ついついやってしまうので注意です。

 

またアスペルガー症候群で、視覚優位な場合、集中力がマイナスに働いて逆に疲れてしまう可能性が高くなります。集中力が高ければ高いほど、疲れやすくなってしまいます。

 

読書も目を使うので、避けた方が良いでしょう。しかし、電子機器よりは影響は少ないので、少しだけなら大丈夫でしょう。逆に言えば、目を休めることで、疲労の軽減になります。

 

②環境を整えない

 

休息時に避けることの2つ目は、いきなり休んでしまうことです。これは良くありません。例えば部屋が寒くて気になっている時にいきなり休んでも、心地よく休むことはできません。その時は、エアコンなどである程度部屋が温まってから休むようにしましょう。

 

生物は「コンフォートゾーンの外」では安心して休むことはできません。

 

温度だけではありません。光が気になる人は、部屋の証明を消し、カーテンを閉めて心地よい空間を整える必要があります。音が気になる人も同じです、耳栓やイヤホンをする必要があります。

 

重要なのは、休む時にも、心地よい空間を作り出してから、休む必要があるということです。あなたにとって心地よい空間は何ですか?そのために、あなたはどのようなことをしたらいいですか?考えてみてください

 

③考える

 

思考の習慣化をお勧めしている私ですが、疲れている時=休息時は、思考も休ませるようにしてください。

 

疲れている時の考え事は、自分では論理的で正しいと考えていても実は感情が混じり、ネガティブに偏っている可能性が高いです。その思考で出た結論はあなたにとって良いとは言えません。つまり、その時の思考そのものは無駄になる可能性が高いのです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

電子機器の操作や、いきなり休むといったことはついついやってしまっているのではないでしょうか?

 

私も以前はそうでしたが、余計に疲れてしまったり回復しにくかったことは覚えています。

 

ぜひ、避けましょう。

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

 

P.S 

思考を習慣化して、自分に自信を身に付けるための特別なブックを配布しています。

期限まであと1日とちょっとですので、お早めにお受け取りください

aspergerlife.hatenablog.jp

 

人と仲良くなる前に、考える2つの質問

無料レポート配布終了まで、あと6日です。↓

aspergerlife.hatenablog.jp

From : INてぐらる

 

このブログでも、強みを活かして人を惹きつける「カリスマ・コミュニケーション」についてだったり、アスペルガー症候群のコミュニケーションに関しては、様々なことをお伝えしてきましたが、「どのような人と仲良くなるのか?」についてお伝えしてきませんでした。

 

今回の記事は、その点をお伝えする内容です。以前お伝えしたカリスマ・コミュニケーションにも活かせるポイントです。

 

さて、まずあなたは「人と仲良くなる力」つまり「人間関係構築力」を、どのように考えていますか?どのような人が、この力が高い人と考えますか?

 

おそらく、あなたは・・・

・初対面の人とすぐ仲良くなれる人

・人と会話が続く人

・多くの人と同時に会話ができる人

・「うぇーい」と謎の言語で会話する人

・・・

などを想像するかもしれません。

 

しかし、これらの例は「人間関係構築力」の高さを示すものではありません。この力の本質はこのようなことではないのです。

 

・人と仲良くなる時にやってはいけない大きな間違い

 

まず、人と仲良くなる時にやってはいけない間違いをお伝えします。それは「多くの人と、等しく仲良くなろうとする」ことです。これは「人間関係構築力」が低い人の考え方です。まるで、付き合う人間が多いことが良いことだと信じて疑わないのです。

 

これは、実は「人間関係に疲れる」「薄い関係になる」などデメリットの方が大きいのです。

 

では、人間関係を構築する力とは一体なんでしょうか?

 

人間関係構築力とは、「お互いに優良(=とても良い)な関係を築き、コントロールする力」です。量は関係ありません、どのような人がいるかも関係ありません。

 

一般的に、最も無視されているポイントは「コントロール」の部分です。詳しくお伝えしますと「コントロールするための基準」つまり「仲良くしたい人」を明確にしないのです。

 

スティーブ・ジョブズの人間関係構築力の高さ

 

その点では、スティーブ・ジョブズの人間関係構築力は非常に高かったです。「人間関係では理不尽なほど厳しい」と言われている彼ですが、私はその「理不尽さ」こそが、彼の人間関係構築力の基盤になっていると考えています。その結果彼は最高の人を集め、最強のチームと共に「iPod」や「iPhone」を創り出しました。

 

彼はおそらく「自分にとって必要な人」「そして相手が自分の力を必要とする人」のイメージが明確でした。そしてこのイメージから、外れた人は容赦なく関係を絶っていました。彼は、ビジネスマンでもあったのでとても徹底していたことでしょう。

 

大事なのは、非情であることではなく「仲良くしたい人のイメージがあるか?」ということです。つまり「お互いに利害を超えた関係になるに値する人はどのような人か?」を決める必要があるのです。

 

・仲良くなる人のイメージを想像する。

 

つまり、あなたは人と仲良くなるには「仲良くしたい人」をイメージする必要があります。この時のポイントは「具体的」であること、そして「自他共に価値ある関係であるかどうか?をよく考えること」です。

 

そして、仲良くなる人のイメージを想像する時に考える2つの質問を用意しました。答えてみてください

 

1.あなたが仲良くしたい人はどのような特徴を持っている人だろうか?あなたはその人から何を受け取るのだろうか?(具体的な助け、心理的な心地よさなど)そのシーンを具体的に想像してみましょう。

 

2.その人は、あなたにどのようなことを頼むだろうか?それをあなたはどのように助けるだろうか?もしくはあなたが自発的にその人を助けることができるだろうか?そのシーンを具体的に想像してみましょう。

 

この2つの質問と自分の答えを、記録しておいてください。これからのあなたの人間関係の軸となるはずです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

仲良くなる人をイメージする、覚えておいてください!

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

 

 カリスマ・コミュニケーションのススメ↓

aspergerlife.hatenablog.jp