にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、基本毎日21:00更新!

本日の更新について

本日の更新は諸事情により、17:00以降とさせていただきます。

申し訳ありません

アスペルガー症候群の人生戦略①〜自分を楽にする〜

アクセスありがとうございます!
INてぐらるです!
今回もアスペルガー症候群のあなたに、自由に活躍できるような「生活のコツ」をお伝えいたします。

 

今回はアスペルガー症候群のあなたが、生きる上での戦略、つまり「人生戦略」の構築の役に立つ考え方を伝えます。

 

もし、あなたが今、以下のことに悩んでいるのなら、すぐに読み進めてください。

・周囲との関係が上手くいかず苦しい

・環境のせいにしてしまう

・何かと疲れてしまう

・休むと罪悪感を感じてしまう

 

さて、今回お伝えしたい考え方は「私は楽に生活するべきだ」という考え方です。

これを、あなたには持ってもらいたいのです。

 

この考え方を持ってもらい、有効に使えるようにするためには、重要なポイントが2つあります。

 

・怠けることとは違う

・考え抜いて、具体的な方法にする

 

・怠けることとは違う

あなたが素直で真面目であるほど、楽にすると言われると怠けることと混同し「楽にするのは悪いよな」などとネガティブな印象を持つことでしょう。

 

しかし、怠けることとは違い、楽にするということは効率化の一種なので悪いことではありません

 

ここは、間違えないようにしてください

 

・考え抜いて、具体的な方法にする

例えば、私は大学入学当初、他の人が周囲にいるのは好ましく思っておらず、うるさいと思っていたので、考えた末、一番前に進んで座るようにしていました。

 

このような感じで、「楽にするには」ということを徹底的に考えて具体的な方法を考えるようにしてください

今まで説明した、図式化を利用するのも有効な手です

aspergerlife.hatenablog.jp

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ぜひ、考えて自分の生活を楽にしていってくださいね

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした

本日の更新について

本日の更新は諸事情により、17:00以降とさせていただきます。

申し訳ありません

覚醒する瞬間を引き寄せる

アクセスありがとうございます!
INてぐらるです!
今回もアスペルガー症候群のあなたに、自由に活躍できるような「生活のコツ」をお伝えいたします。

 

さて、もしあなたが現在行き止まりや生きづらさを感じているのであれば、それはあなた自身が最近「ブレークスルー」を感じていない可能性があります。ブレークスルーとはあなたの人生や生活の中で「これだ!」と言えるようなひらめきや出来事の事です。

 

例えば…

・自分の得意なことが一定の結果を生んだ(私の場合ですと、自作のパズルが掲載されたことですね)

・困っていることが完全に解決できるとても良い案が生まれた。

などがあると思います。

 

このブレークスルーはあなたの脳に達成感を与えます。しかも、事の大小にかかわらず、一定の達成感を与えます。

 

そして、その達成感はあなたを大きく成長させます。

 

つまり、あなたの成長はブレークスルーをどれだけ起こすか?ということに深く関わってくるのです。

 

私はブレークスルーを「覚醒する瞬間」と解釈しています。

 

では、この「覚醒する瞬間」をいかにして引き寄せるか?という事をお伝えしたいと思います。

 

・好きな事、得意な事をとことんやる

例えば、ピアノが好きなのであればとことん弾く事です。数学が好きならばとことん問題を解く事です。

 

以前もお話ししましたが、ピカソの成功の要因は「大量行動×こだわり」だとお伝えしました。

その時の記事はこちら↓

ピカソから学ぶ、大量行動×こだわり - Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

 

そして、そこからブレークスルーが発生したのです。

 

ブレークスルーを経験するには量も重要です。しかし、好きなこと得意なことであればその量も大したことではないでしょう。

 

・チャレンジ精神

チャレンジ精神と聞くと大げさに聞こえるかもしれませんが、あなたが今までやったことない事をやる、今まで体験していない事を体験するという事です。

 

例えば、習慣に少し要素を加えるとかでもいいわけです。

 

私はこの間、インターンシップで東京の方(具体的な場所は伏せます)まで行ってきたのですが、そこで新しい知識を学ぶことができ、また1人で東京まで行けたということで覚醒した感じがしました。

 

つまり、あなたのブレークスルーは未知の領域に潜んでおり、そこに手を伸ばすことでブレークスルーが起こる可能性があります。

 

 ・覚醒に必要な条件

それは、受け身ではなく行動するということです。

それだけでも、ブレークスルーが起こる可能性があります。

 

例えば、ピアノが才能がありながら、あまり行動しなければこれほど歴史に名を残すことはなかったでしょう

 

ぜひ、積極的な行動をしてみてください。

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

 

例えばこのようなことについて書いて欲しいということがあればコメントしていただけると幸いです。

視覚化の方法、どれが良い?

アクセスありがとうございます!
INてぐらるです!
今回もアスペルガー症候群のあなたに、自由に活躍できるような「生活のコツ」をお伝えいたします。

 

前回は、視覚化の重要性、またアスペルガー症候群のあなたにとっては特に重要だとお伝えしました。

 

まだ前回の記事をみてない方は↓から見てください。

 

aspergerlife.hatenablog.jp

 

さて、今回は視覚化のツールや方法についてお伝えします

ゆっくり読んでくださいね

 

マインドマップ

この方法は文字などの情報を関連性や所属などの関係の線で結んで地図のようにした図です。

f:id:world216636:20170723113941j:plain

 

これは私の1日にやる事(デイリーミッション)の分類のマインドマップです。

 

このマインドマップの利点は大きく2つあります。

1つは膨大かつ複雑な情報がとても綺麗にまとまる点です。だから一目ではっきりわかります。

 

もう1つは、書き方がとても自由度が高いという事です。どういうことかというと、自分でルールを決めて書くことができます。

 

例えば、私のやる事を分類で区切ってもいいのですが、時間や優先度で区切っても問題ないのです。また、このルールはあなたがわかれば、1つのマップに混在しても構いません。

 

難しい点は、この分類の設定を間違ってしまうと、モレやダブりが発生してしまいます。これを回避するためにMECE(ミーシー)という考え方があるのですが、それはまた別の機会にお話しします。

 

とはいえ、別に間違えていてもすぐに修正すれば済むのでそこまで気にする必要もないかと思います。

 

とても、わかりやすくまとめることができるのでオススメです。

 

・グラフ

これは棒グラフや、折れ線グラフなどの数学とかで出会った表現の方法です。

f:id:world216636:20170723120457p:plain

このグラフ化の最大のメリットは変化や状態が定量的にわかることです。

 

これにより、あなたはあなたの決めた評価軸で根拠のある判断ができるようになります。

 

ただ、評価軸を決めるのが少し苦労するかもしれません

 

・座標

これはグラフ化の応用になるのかもしれません、2つ以上の評価軸を決めて、そこから分析し視覚化する方法です。

f:id:world216636:20170723121404p:plain

 

 

これは、考慮しなければいけない要素が複数あった時にオススメです。

例えば、この図の例で言うと、仕事Aを優先すべきだと言うことが一目でわかりますよね?

 

そう、複数の考慮するべきことがあった時にそれでも分類ができるのです。

 

・大切なこと

ここまで読んでくれたあなたにはもう分かっていると思いますが、視覚化の方法に優劣はありません。ただ、特徴が違うので状況やどうしたいか?に合わせて使うのがベストです。

 

いかがでしたでしょうか?

視覚化の方法をマスターして、生活に役立ててくださいね。

 

まとめ

・視覚化の方法はいっぱいある

・適切なのを使っていく

 

エクササイズ

あなたの生活の中での行動を今回紹介した方法を用いて視覚化してみましょう

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

 

aspergerlifeasc.blogspot.jp

本日の更新について

本日の更新は諸事情により、11:00以降とさせていただきます。

 

申し訳ありません

視覚化の重要性

aspergerlifeasc.blogspot.jp

 

アクセスありがとうございます!
INてぐらるです!
今回もアスペルガー症候群のあなたに、自由に活躍できるような「生活のコツ」をお伝えいたします。

 

あなたは視覚化と聞いてどのような印象を持つでしょうか?「難しそう」とか「図で表すことでしょ」等の印象を持っているかと思います。

 

実は視覚化というのはあなたが想像しているよりも重要かつ効果的な表現方法です。そして、アスペルガー症候群にとって視覚化は欠かせない表現方法だと考えています。

 

・視覚化とは?

視覚化とは「目で見てわかるように表現する」ことです。まさに図式化が類似語だと考えます。

 

例えば、今時の料理のレシピ本などを見ると写真を多用しています。これはレシピの視覚化に当たります。実際のレシピは文字でも表現できます。

 

もっといろんな例を挙げるなら色々な標識やマークもその一例です。

 

・視覚化のメリット

視覚化の大きなメリットはとにかくわかりやすい点です。人に伝える時も、人から伝わってきた時もです。

 

例えば人から「黒い猫が屋根の上で、寝ている」という状況もイラストなら一瞬で入ってきます。

 

また、正確に伝わりやすいのも大きなメリットだと思います。なぜなら言葉は複数に解釈されやすいですが、ビジュアルは複数に解釈されにくいのです。

 

例えば、りんごを想像してみてください。おそらく、あなたが想像したりんごと私のりんごは全然違う可能性があります。

 

しかし、視覚化された情報にはそれはないです。正確に伝わりやすいです。

 

そして、視覚化された情報には行間は存在しないことも重要なメリットです。

 

アスペルガー症候群は行間を読みにくい性質があります。視覚化はこれを回避することができます。見たまんま受け取れば良いのですから…

 

まとめると、わかりやすく正確に伝わるということです。

 

さて、今回で視覚化の重要性はわかったかと思います。

 

次回は、視覚化の方法についてより、解説していきます。

お楽しみに!

 

まとめ

・情報の扱いには視覚化が重要

アスペルガー症候群のあなたにはかかせない

・視覚化はわかりやすく正確に伝えるための方法である。

 

エクササイズ

・1日の活動を視覚化してみましょう。

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした!