Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在毎週,日・火・木0:00更新!

アスペルガー症候群であるあなたのための、マイルールを作ろう②

アクセスありがとうございます!

INてぐらるです

 

今回もアスペルガー症候群のあなたに、自由に活躍できるような「生活のコツ」をお伝えいたします。

 

前回、あなたのためだけの生活ルールを作った方が良い理由については理解できたと思います。

 

前回をまだみてない方は↓からご覧ください

マイルールを作ろう!① - Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

 

今回はルールの作り方とその運用について解説していきます。

 

基本は「自分の生活を楽にするためのルール」です。この全体を忘れないでください

 

ルールの作り方は以下の通りです。

 

①現状、何に困っているか、何が不都合かを把握する

②困っていることを深く掘り下げる

③リサーチ等をして、解決策を考える

④解決策をルールにする

⑤とりあえず、使ってみる

⑥継続する

 

①現状、何に困っているかを把握する

まず、あなたが何に困っているのかを理解する必要があります例えば、私はかつて朝の支度が間に合わないことに悩んでいました。

 

この場合「朝の支度が間に合わない」と言うことが困っていることになります。

 

ここで、困っていることは何かを大まかに把握します。

 

②困っていることを深く掘り下げる

深く掘り下げると言うのは、分析することと同じです。つまり、どのような時にどれくらいの頻度で起きるのか?とか、原因は何かを考えるのです。

 

先程の私の例では「朝の支度が間に合わない」はタイミングと頻度は「毎朝、必ず起こる」原因は「夜更かしした」といったことになります。

 

ここで、原因についての分析ポイントが1つあります。

 

それは、なるだけ細分化して考えるということです。

 

つまり、「夜更かしした」から夜更かしした原因をさらに考えるのです。例えば「ゲームをした」「用事がいっぱいあった」などです。もっと、細分化できると思います。

 

ここまで考える理由は、次のステップで、解決策を考える時に簡単になるからです。

 

③リサーチ等をして、解決策を考える

次に、細分化された原因に対しての解決策を考えましょう。これは、自分で考えてもいいですし、インターネット等を利用して探しても良いです。

 

私の例だと「用事を減らす」という感じです。

 

④解決策をルールにする

次に、解決策が思いつく、見つかったらあなただけのルールにしましょう。

 

ポイントは、「〜の時、〜する」というように具体的なTODOにするということです。こうすると、あなたが何をするべきかが明確になります。

 

また、注意として解決策とそのままそっくりはやめてください。インターネットなら特にそうしないでください。あなたに合わない可能性があります。

 

あくまで、あなたの状況に合わせてあなたが考えて作るのです。

 

私の例だと「22:30を過ぎたら、何もせず寝る支度に入る」という感じになります。

 

⑤とりあえず使ってみる

 

できたルールはテストとしてとりあえず使ってみて、あなたに合うかどうかを最終的に判断してください。

 

テスト期間は最低でも3回分のタイミングが必要です。

 

もし、ここで合わないとわかったら③に戻って解決策を考え直すか、④に戻ってルールを見直してください。

 

また、継続できそうかどうかも重要です。

 

その困ることが起こるタイミングで常にできるかどうかも考えてください。

 

⑥継続する

 

テストが終われば適切に使うだけです。不都合は解消されるでしょう

 

ここでポイントが1つあります。もし、あなたが従う必要がないなと感じたら妥協・変更しても良いということは覚えておいてください

 

自分の意志や、どうしようもないことでマイルールを破ってしまっても自分を責めないでくださいね。

 

また、妥協・変更が増えてきたらルールの見直しをオススメします。

 

いかがでしたでしょうか?

 

ぜひ、ルールを作って楽に生活できるようにしてくださいね。

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした