にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、基本毎日21:00更新!

ミスとの付き合い方

アクセスありがとうございます!
INてぐらるです!
今回もアスペルガー症候群のあなたに、自由に活躍できるような「生活のコツ」をお伝えいたします。

 

もし、あなたがアスペルガー症候群で、

・間違いを素直に認められない

・指摘されると全否定された気になってしまう

・批判に弱い

と、いう傾向があるなら今回のコツはこれらの問題の解決に繋がります。

 

さて、人間なので間違うことは誰にもあるのです。しかし、アスペルガー症候群は間違いを素直に認められない傾向がある時があります。

 

これは、その物事が正しいことにこだわってしまった結果だと考えます。こだわりのコントロールが効かないのです。

 私もありました。

 

もし、あなたにそのような傾向があるならそのミスとの付き合い方をここでお伝えしたいと思います。

 

さてこのミスとの付き合い方、ポイントは3つあります。

 

1つ目のポイントは「ミスにはドライに接する」ということです。

 

これは、あなたがしてしまったミスに他の人が関わっていようといまいと深く考えたり、落ち込んだりし続けないということです。

 

つまり、ミスによっては、あなたはこれっぽっちも否定されないのです。

 

あのアメリカの大統領、ドナルド・トランプですら破産という大きなミスを4回も経験しています。

 

ただし、ミスを軽く見ることとは違います。しっかりと分析する必要はあります。

 

2つ目のポイントはあなたが「自分がこだわるべきことは何か?」をよく考えることです。

 

先程お伝えした通り、アスペルガー症候群はこだわりのコントロールが効かずに謝れないことがあります。

 

そして、これを回避するにはあなたがこだわるべきことは何かをしっかり考えることです。

 

そうすると意外とこだわらなくて良いことがたくさん出てきます。それが、自分のミスだった場合謝った方が良いということです。

 

3つ目のポイントは、他の人が関わっていた場合すぐ謝るということです。まず謝ってしまうのです。

 

あなたは謝ることによって失うものはありません。むしろ、謝らないことで信頼を失う可能性があります。

 

また、逆に信頼が生まれたり、深まる場合があります。つまり、謝ることはお互いにメリットがあるのです。

 

そして、謝るタイミングが早いほど効果的です。

 

 

いかがでしたか?

これからは、ミスとの付き合い方をよく考えてみてくださいね

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

 

まとめ

・ミスにはドライに接する

・こだわるべきは何か?を考える

・すぐ謝る!

 

エクササイズ

・あなたがこだわるべきなのは何か?をよく考えてみましょう