にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、基本毎日21:00更新!

自分の調子を見える化する。【アスペルガーのための疲れやすさ回避術】

アクセスありがとうございます!
INてぐらるです!
今回もアスペルガー症候群のあなたに、自由に活躍できるような「生活のコツ」をお伝えいたします。

 

さて、あなたがアスペルガー症候群で疲れやすくて困っているのであれば日記が有効だと前にお伝えしました。まだ見てない方はこちら↓

日記を利用し疲れを回避する方法 - Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

 

そして、もし日記をつけることにして書こうとしているのであれば、ちょっと難しいのですが、ぜひ3日〜1週間ぐらい使って、その1日の間の自分の体調・調子の見える化をして欲しいのです。

 

なぜ、見える化が必要なのか?それはあなたは自身の体調管理を感覚だけに頼らず、システムとして管理をする必要があるからです。また、アスペルガー症候群のあなたは感覚だけで行うのは難しいです。

 

さらにメリットとして一目見ただけで、理解ができるのです。わかりやすいと言うことですね。

 

さて、問題は見える化の具体的な方法ですが、人それぞれの合った方法があると思います。(折れ線グラフや、イラストなど)

私はエクセルで折れ線グラフを描いて、見える化を行なっています。

 

しかし、基本的には以下の3つの流れになるかと思います。

①時間の区切りを決める。

②評価の段階と、その基準を決める。

③その時間の区切りにおいての自身の体調・調子の評価をする。

④コメントする。

 

①時間の区切りを決める。

まず、1日を何時間かのかたまりになるように区切ります。活動する時間の範囲でです。

 

これにより、この範囲での調子を評価するということを決めます。

 

1〜2時間で区切ることをオススメします。

 

②評価の段階と、その基準を決める。

次に、評価の段階と、その基準を決めます。つまり、「疲れすぎて動けないから1」というものを作るのです。

 

段階はいくつでもいいですが、基準はしっかり決めてください。例えば、5段階評価で「これだったら1、これだったら3」というようにはっきり決められるようにするということです。

 

③その時間の区切りにおいての自身の体調・調子の評価をする。

次は具体的に評価する段階です。これまでに決めた指標で評価してください。

 

④コメントする

また、その区切りに、何をしたか?何があったかをコメントしておいてください。そうすると改善策を考える時のヒントになります。

 

ぜひ、皆さんも自分の調子を見える化して見てくださいね。

 

まとめ

・体調管理は感覚だけに頼らない

見える化することで管理ができる。

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした