にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、基本毎日21:00更新!

アスペルガー症候群が自信をつけるには?

aspergerlifeasc.blogspot.jp

 

アクセスありがとうございます!
INてぐらるです

今回もアスペルガー症候群のあなたに、自由に活躍できるような「生活のコツ」をお伝えいたします。

 

もし、あなたがアスペルガー症候群で自分に対して自信がない、と感じているなら今回の内容はとても重要です。

 

事実、アスペルガー症候群は今まで、コミュニケーションがうまくいかない等の弱点にフォーカスされた目線で自分を見てしまっているので、自信がつかないケースがあります。私も中学校3年の時はそんな感じでした。

 

自信というのはとても重要なもので、コミュニケーションやその他ほとんどの活動に大きく影響します。もしかしたら、人生全てかもしれません。

 

しかし、あなたはそんなに簡単に自信を持てないよ、と思っているかもしれません。

 

そこで、自信をつけるためのポイントをお伝えします。

 

自信をつけるためのポイントは以下の4つです。

①実績は後からでも良い、無くても良い 

②行動や振る舞いに誇りを持つ

③失敗は忘れる。

④小さな成功を重ねる。

 

①実績は後からでも良い、無くても良い

根拠のない自信というのはご存知ですか?そのままの意味で根拠・実績のない自信ということです。

 

賛否両論あると思いますが、私はこの根拠のない自信はアスペルガー症候群にとってとても重要だと考えます。

 

そもそも、この根拠のない自信がないと実績は手に入らないと考えるからです。

 

実績を手に入れるためには、それに対しての自信が必要だからです。

 

実績→自信

ではなく

自信→実績

なのです。

 

もっと言えば、自信には根拠はいらないのです。

 

そして、アスペルガー症候群この根拠のない自信を持ちやすいです。

 

なぜなら、アスペルガー症候群は一度信じたものに対してのこだわりはすごいからです。この特性を利用して、根拠のない自信を強く信じることは十分可能です。

 

そして、この自信を利用して実績を手に入れれば良いのです。

 

②行動や振る舞いに誇りを持つ

多くの人は結果にフォーカスして、自信を失ってしまいます。これは間違いで、その行動や振る舞いができたことに「よし!」という自信を持てば良いのです。

 

結果というのは、必ずしもあなただけでコントロールはできません。それで自信を失ってしまうのはもったいないことです。

 

ぜひ、行動や振る舞いにフォーカスしてください。

 

③失敗は忘れる

もし、あなたが失敗してしまったと感じた時は、「次はこうしよう」と考えた後はその失敗は忘れてください

 

失敗の記憶を留めておくことは自信にとって百害あって一利なしです。なぜなら、その記憶を繰り返して自信を失ってしまうからです。

 

反省は大事なのですが、記憶は留めないようにしましょう。

 

④小さな成功を重ねる

脳というのは面白いもので、「成功した」という感覚は大小を区別しないそうです。

 

例えば、挨拶が上手にできた時と、難しい仕事がうまく出来た時は成功したという事実だけを、脳は感じます。つまり、脳からしたらどちらも同じ「成功」なのです。

 

そこで、あなたが小さいと思っても、成功したと感じられることをたくさんおこなってください。そうすることで脳には成功と記憶され、自信の源になります。

 

いかがでしたか?

 

ぜひ、自信のある人生を歩んでください。

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした!

 

aspergerlifeasc.blogspot.jp