にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、基本毎日21:00更新!

変化に対応するには

アクセスありがとうございます!
INてぐらるです!
今回もアスペルガー症候群のあなたに、自由に活躍できるような「生活のコツ」をお伝えいたします。

 

 さて、アスペルガー症候群の苦手な面として、変化に弱い点があります。

 

例えば、新学期や学校での宿泊イベント等を始め、知らないところに日帰りで遊びに行くなどという変化はあなたに結構な負担がかかるかと思います。

 

私もとても悩みました。

 

では、なぜ変化に対応できないのでしょうか?

 

・変化に対応できないのはなぜ?

 

それは、イメージ不足や、それによる不安が原因です。

 

例えば、私は高校生の時にモノレールに乗るのがとても怖かったです。それはモノレールというものを実際に乗ったこともなく、そこから不安が出てきてしまったのです。

 

つまり、環境の変化に対応するにはイメージすることが重要です。

 

しかし、ここでもアスペルガー症候群の苦手な面として、自分のこと以外に関しての想像力、イメージする力が乏しい傾向があります。

 

これでは、環境の変化が訪れた時に不安感からパニックになってしまうかもしれません。

 

・イメージを持つか、不安を消すか

 

では、環境の変化に対応するにはどうすればよいでしょうか?

 

これには、2つのアプローチがあります。

 

1.イメージを持てるよう情報を集め、イメージを形成し、その物事に対する不安を消す。

2.変化そのものに対しての不安を消す。

 

これは、1つ目のアプローチが短期的で、2つ目のアプローチが長期的に作用するものです。

 

それぞれ、具体的に解説します。

 

1つ目のアプローチについては、パンフレット等での情報収集や、実際に訓練としてやってみる(リハーサル、シュミレーション等)ような方法があげられます。

 

これにより、その物事に対してのイメージが作りやすくなります。そうすると自然と不安が消えます。

 

これのポイントはあなたがイメージできるか?そのイメージで不安が消えるか?という点です。

 

私は、大学に入る前に実際に通えるかを事前にシュミレーションし、その上で決めました。

 

2つ目のアプローチについての方法は、日々の生活に変化を取り入れることが主な方法になります。

 

つまり、いつもやっていた習慣や行動を少し変えるのです。これを毎日やります。

 

例えば、コーヒーの濃さを変えるといったことや、食べる順番を変えるとかその程度で良いのです。

 

これをすると、あなたは変化そのものに慣れ、変化することに対する不安が払拭されます。

 

このアプローチをコントロールして行えばあなたの変化に対応する力は格段に上がります。

 

ぜひ、やってみてください

 

まとめ

・変化に弱いのは、イメージ不足

・イメージを形成できるようにするか、変化そのものの不安を消す

・両方うまく使う

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。