にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、基本毎日21:00更新!

目標は「結果」と「行動」で②

アクセスありがとうございます!
INてぐらるです!
今回もアスペルガー症候群のあなたに、自由に活躍できるような「生活のコツ」をお伝えいたします。 

 

 これは前回の記事の続きとなる内容なので、前回の記事をまだ見ていない方は下のリンクからアクセスして、内容を理解してから今回の記事を見ることをオススメします。

目標は「結果」と「行動」で① - Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

 

前回の記事の復習を軽くしておくと、結果のみの目標だけで行動すると、イメージ不足やフラストレーションを抱えるなどの影響が出る可能性が高いことをお伝えしました。

 

そして、今回は行動主義目標のメリットと目標を立てるためのポイントをお伝えしたいと思います。

 

・行動主義目標のメリット

 

メリットその1:達成感を得やすい

この行動主義目標は1日〜7日単位といったとても短期間のスパンで考えることになります。

 

また、「○○になる」ではなく「○○をする」という行動の目標を立てることになります。

 

故に結果を重視する目標より、簡単に達成できます。

 

そして、ここから達成感を得ることができ、さらなるエネルギーが湧いてくることでしょう

 

メリットその2:着実に結果へ向かう

では、簡単だから結果へは結びつかないのではないかと思うかもしれませんが、そうではありません。

 

ここは設定する時のポイントでもお話ししますが、結果の目標から考えた行動の目標を設定するので、行動の目標を達成していく内に自然と結果へ結びつきます。

 

メリットその3:コントロールが容易

結果ベースの目標だけだと、あなたではどうしようもないことで達成できなくなるリスクがあります。

 

しかし、行動ベースの目標ならあなたがするかしないかなので、コントロールが容易です。

 

さらに、あなたは環境や他人のせいにしなくても良くなるボーナスもあります。

 

・行動主義目標を設定する時のポイント

さて、ここからは行動主義目標を設定する時のポイントをお伝えします。

 

1.行動イメージの明確化

行動主義目標においては行動のイメージが明確かどうかが重要なポイントとなります。

 

例えば…

・ブログを書く

・ブログを2記事分書く

この2つでは明らかに後者の方が明確にイメージできると思います。

 

この明確なイメージができないと、動こうと思っても動けないことになりかねません。

 

明確なイメージかどうかを判断するには、

 

「この目標を見て途中のプロセスや終わり(結果や成果物)が見えるか?」

「この目標を見て、やることと、どこまでやるべきかが明確にわかるか?」

 

という問いを自分にすると良いでしょう。

 

2.結果を細分化して考える

もし、あなたが望んでいる結果があるのなら、そこまでの過程を細分化して、短期間的な行動にまで落とし込む必要があります。

 

そして、その行動をすることを目標にすると良いでしょう。

 

細分化に有効な方法として、達成している自分もしくは目標に向かっている自分を想像して1日のスケジュールを、立てて見るのです。そうすると、必要な行動が見えてきます。

 

3.幅をもたせる

これはどういうことかというと、「ブログ記事を1〜4つ書く」というように、目標自体に幅をもたせることです。

 

ポイントは簡単〜難し目ぐらいで幅をもたせることです。

 

そうすると、難し目で終わらせられるとモチベーションが上がりますし、簡単で終わったとしてもフラストレーションを感じる必要がなくなります。

 

ただし、これはケースバイケースで、明確に決まっている場合はそれで決めるべきです。

 

いかがでしたでしょうか?

ぜひ、目標設定のヒントにしてくださいね。

 

まとめ

・行動そのものを目標すると、達成感を感じやすく、コントロールが容易かつ、着実に結果へつながる

 

・行動主義目標は明確で、幅をもたせる。そして、結果に結びつくかを考えて決める。

 

・実行を怠らない

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。