にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火、木、土曜日21:00更新!

真に共感する。

From : INてぐらる

 

「大丈夫?」「調子はどう?」

と、話し始め

「それは、大変だったね」「それは良いね」

と、相手の話に同意してあげる

 

これが、”共感”の一例です。

 

ASDそしてアスペルガー症候群はこの共感がしにくいと言われています。

 

「共感がうまくいかないと、対人関係がうまくいかず人生に支障をきたすのではないか?」

と、あなたも悩んでいることかと思います。

 

しかし、共感は行動とふるまいからできるようになります。

 

つまり、最初は心では思っていなくても、形と考え方から入ることで共感能力が身につくのです。

 

もしも、あなたが共感できないという悩みから解放され、真の共感能力を身に付けたいのであれば、続きを読んでください

 

・笑顔になると、なぜ幸せな気分になるのか?

 

よく「笑顔でいると、幸せになる」と、言われています。

 

本来の働きであれば「幸せなら、笑顔になる」の方が脳や心の働きとしては、正しいと思いがちです。

 

しかし、最近は「行動と感情は並行する」という考え方があります。

 

事実、笑顔という行動をとった時、脳は笑顔になった時の感情を感情を引っ張り出してくれます。

 

この仕組みを、あなたの共感能力の向上に使うのです。

 

つまり、「共感の行動」をしてあなたの「共感の感情」を引き出すようにするのです。

 

また、相手がいることなので少し応用をしないといけません。

 

そして、その方法をこれから説明します。

・思考と行動で「真の共感」をする3ステップ

 

①「私は、相手の気持ちが理解できる」「わかることができる」と考える

 

まず、このように考えることです。

 

これがないと、上辺だけの行動になってしまう可能性が高いからです。

 

そして、上辺だけの行動は相手に通じることは無く、共感できない可能性が高いです。

 

大事なのはこのような信念で人に接することです。

 

また、この方法をやる時はあなたは相手を選ぶ必要があります。

 

②相手に喋ってもらう、そして聴く

 

次は、相手に可能な限り喋ってもらうことです。

 

相手が、今。心にある=興味があること、問題を話してもらうのです。

 

方法は2つです。

 

・①相手の周辺の情報から、気になった1つの要素を選びそれについて話を振る。

 

例えば、服装について「その服オシャレですね」等、話を振りそこから交互に話すのです。

 

ポイントは気になった点を1つだけ選び、それについて展開するよう努めるのです。

 

・②質問する

例えば、「最近、調子どう?」や「何を読んでるの?」等の質問から相手に喋ってもらう方法です。

 

ポイントは質問は具体的に、ということです。

 

この2つの方法に共通して意識して欲しいのは、日頃から本やネットで知識を貯めておくということです。

 

そうしないと、気になることができません。

 

この時の知識の貯め方は、別の機会にお伝えできればと思います。

 

③誠実にコメントする

 

間違えがちなこととして、あなたは共感は無条件に相手の言葉に賛同することという勘違いをしているかもしれません

 

そんなことは、ありません。

 

真の共感は、誠実に感想を伝えてあげることです。

 

当然、批判も含まれますが、変なお世辞より理解してくれているんだと相手は感じるはずです。

 

共感の根幹は誠実・正直です。

 

忘れないでください

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。