にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火曜日+α 21:00以降更新!

好奇心を高める方法

From : INてぐらる

 

好奇心とは、ある物事を探求しようとする心のことです。(Wikipedia より)

 

この好奇心、あなたは高い方ですか?

 

この好奇心は、あなたがアスペルガー症候群であれば、いっそう高めるべき心です。

 

あなたが好奇心を向上させるなら、コミュニケーション・学習・仕事などあなたの人生の様々な点で良い結果を上げることができるでしょう。

 

・好奇心がなぜ必要なのか?

 

では、まずあなたが好奇心を高めるべき理由、そもそも好奇心が必要な理由についてお伝えします。

 

①コミュニケーションにおいて大きく役に立ちます

 

コミュニケーションにおいて、相手に好感を持たれやすい行動の1つに「相手への適切かつ、強い関心を寄せること」があります。

 

これは、納得できるかと思います。

 

例えば、あなたが相手に話をしている時に

 

・なんの反応も示さない人

・相槌や質問をしてくれる人

 

どちらが話をしていて楽しいですか?

 

ただ、アスペルガー症候群の場合、悪気がなくとも人への関心が低い場合があります。

 

つまり、意識して関心を持つ必要があります。

 

では、強い関心は何から生まれるのか?

 

それが、好奇心です。

 

知りたいと思う心です。

 

②勉強・学習においても理解が高まります。

 

当然、好奇心はもっと知りたいという欲求でもありますから、理解力が上がります。

 

また、好奇心を高めておくと自分が今学びたいと思っている分野でないところから、自分の学んでいる分野についての発見やヒントを得られることが多いです。

 

 

また偉大な学者たちはこの好奇心により偉業を成し遂げてきたのです。

 

③仕事での問題解決や趣味の成長にいい効果をもたらします

 

また、好奇心は知らない事を知りたいという心なので、仕事での問題解決のヒントを一件関係ないところから見つけたりして解決させることができるのです。

 

これは、趣味でも同じことです。

 

・発見の感覚

 

次に、好奇心を高める仕組みについてお伝えします。

 

ポイントは「発見の感覚の機会を増やす」ことと「発見の感覚を楽しむ」ということです。

 

発見の感覚とは、「知らなかった!」と思わず感動してしまうようなインパクトのある感覚です。

 

つまり、この感覚を体感できるチャンスを増やし、なおかつエキサイティング=興奮するような記憶として覚える必要があります。

 

すると、脳は楽しいことと記憶しているのであなたは自ら「好奇心を高める行動」をするようになるのです。

 

・好奇心を高める2つの方法

 

それでは、私が実際にやっている好奇心を高める2つの方法をお伝えします。

 

①読書

 

本というのは、いわゆる知識のかたまりがネットワークのように繋がっているのを文字にしたものなので、たとえ知っているジャンルの本でも楽しい発見がいっぱいあるのです。

 

また、同じ本を何回も読んでみてください

 

読むたびに新しい発見があることに気づくと思います。

 

もし、もっと強力に高めたいのであれば、自分が少し知っているぐらいのジャンルの本を読むと、多くの発見ができ、好奇心が一気に高まります。

 

 

②知らないところに行く

 

美術館でも公園でもどこでもあまり知らない所に行って、見たものを調べたり深く感じたり、考えたりすると好奇心が高まります。

 

この方法の特に優れている点は、実際に五感を使っているので臨場感が桁外れに違います。

 

すると、好奇心はとても上昇します。

 

また、慣れた空間=コンフォートゾーンから出ているので、好奇心以外にも全体的な精神的成長ができます。

 

ただし、好奇心がある程度高まっていないと、知らない場所での「恐怖」に支配されてそれどころじゃなくなってしまう可能性があります。

 

ある程度、高めてから行うことをオススメします。

 

このほか色々な方法があると思いますので、考えてみてください

 

いかがでしたでしょうか?

 

好奇心を高めて、豊かな人生にしてください。

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

 

 

 

あなたの本音を教えてください。