にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火曜日+α 21:00以降更新!

サルヴァドール・ダリと"自信"

From : INてぐらる

 

f:id:world216636:20171212112430j:image

 

サルバドール・ダリとは、スペイン・フィゲーラス出身の画家で。シュルレアリスムの代表的な作家として知られており、「天才」と自称して憚らず、数々の奇行や逸話が知られている人です。(文書及び画像はwikipediaより)

 

ちなみに、彼自身がアスペルガー症候群ADHDかと言われると確実には言えませんが、傾向が強かったのではないかと思います。

 

さて、私がこの偉大な芸術家をテーマにしたのはこの人は幼少期のあることがきっかけで"圧倒的な自信"が身についたのです。それで、「天才」と自称するほどになっていったのです。

 

今回はその理由についてお伝えします。

 

・自らを"神"と認識した

 

実はサルヴァドール・ダリには全く同じ名前の兄がいましたが、ダリが生まれる9ヶ月前に亡くなってしまっていました。

 

そして、2人目のサルヴァドール・ダリ(つまり、今回のテーマの人)の5歳の誕生日に、母親はサルヴァドール・ダリに対して衝撃的なことを言います。

 

それは「あなたは兄の生まれ変わりよ」と言われたのです。(一説によると、顔つきも本当に似ていたようです)

 

その時のサルヴァドール・ダリはショックを受けたそうですが、それと同時に"圧倒的な自信"に繋がる考えが生まれたと私は考えます。

 

その考えが「私はキリストのような神だ」という感覚です。

 

これには、「兄の生まれ変わり」と同時に「サルヴァドール」という名前にも意味があると言われていて、スペイン語で「イエス・キリスト」を意味します。

 

その後、サルヴァドールは自らを天才と自称する画家になりました。(もちろん、その過程で奇行も色々ありましたし、この点の考え方には諸説あります)

 

私は、この感覚こそが「自信」であると思うようになりました。

 

なぜなら、自信とは「自分を信じる」ことなのですから

 

・「天才と信じきると天才になれる。」

 

もう1つ、今度はダリの言葉に、自信のヒントを見つけたので、お伝えします。

 

それが

「天才を演じきると天才になれる。」

というものです。

 

では、ダリの言う「天才を演じきる」とはなんでしょうか?

 

「真似する」「演技」とは違うと思います。

 

それこそ「自信」です。

 

「自分を天才と信じきる」ことではないかと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

 

次回は、この自信をアスペルガー症候群が容易に、つけるにはどうしたら良いか?をお伝えします。

 

楽しみにしていてください

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

 

P.S 私はこの人の作品はとても大好きです。

あなたの本音を教えてください。