にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火、木、土曜日21:00更新!

栄養ドリンクで疲労は消えない

無料ブック(レポート)プレゼント中↓

aspergerlife.hatenablog.jp

 

From : INてぐらる

 

さて、私は以前、脳疲労について記事を書き、ここでシェアしました。その後も私は脳疲労について調べていました。図書館ですが、本を借りメモを取り記録しました。

aspergerlife.hatenablog.jp

 

借りた本はこちらです、Amazonのリンクです↓

https://www.amazon.co.jp/すべての疲労は脳が原因-集英社新書-829I-梶本-修身/dp/408720829X

 

そこで、私は疲労への対処以外にも応用できる、良い考え方を再確認しました。再確認というのは、以前からこの考え方には同意していたからです。

 

そして、その考え方のヒントとなるのが疲労と栄養ドリンクの関係です。

 

この本の著者である梶本修身氏は栄養ドリンクは疲労回復としての活用を否定しています。むしろ、逆に疲労を溜めるものと主張しています。

 

これは、決して疲労だけの問題ではなく、あなたが抱えるありとあらゆる問題、特にアスペルガー症候群のマイナスの特性から生じる問題等を解決することに関わってきます。

 

それでは、疲労と栄養ドリンクの関係はどのようなもので、どのようにあらゆる問題解決に活かせるのでしょうか?を解説していきます。

 

・栄養ドリンクは「回復」を「感じさせる」が・・・その実態は

 

栄養ドリンクは、感情的・感覚的には回復を感じさせ私たちを元気にします。しかし、これはある恐ろしい作用が働いています。

 

それが「マスキング作用」というものが働いています。これは「脳が感じた疲労感をあなたに感じさせなくする作用」です。そもそも私達は「疲れた」と感じた時は「脳が「疲労した」という情報を集め、疲労感を発生させる」のです。

 

重要なのは「疲労感が無くなっても、”疲労そのもの”は消えていない・回復していない」ことがあるということです。

 

栄養ドリンクは身近にあるものでこのマスキング作用を度々引き起こす代表です。

また、この本では、実は栄養ドリンクは疲労回復効果を謳っていないということが示してあります。

 

また栄養ドリンクには他にもマスキング効果を引き起こす流れがあるのですが、ここでは省きます。

 

お伝えしたいのは「栄養ドリンクは疲労を根本から治さない」ということです。そして、「表面的には解決しているように見える」のです。

 

ちなみに、疲労を根本的に解決するには「質の高い睡眠」が必要だと、梶本修身氏は

述べています。また、食事や入浴にも気を配るとより根底から解決できることも述べています。

 

また、私が学びましたらお伝えします。

 

この関係こそ、あなたの問題を解決するときに考えてほしいことなのです。そして、その問題にとっての”栄養ドリンク”を”飲まないよう”にしてほしいのです。

 

・問題には根底・根本からの対処が必要

 

つまり、あなたが問題を解決するときに”栄養ドリンクのような”表面的な解決策になっていないかをしっかり考えて、そのような解決策では無く、問題をしっかり把握し、根本的な解決策を実施する必要があるのです。

 

このとき根本的に解決するための方法を見つけるには「直感」ではなく「分析」「思考」によって見つける必要があります。

 

解決したという「感覚」ではなく、解決したという「確信」を得られるようにしてください。

 

そのときには、短い時間でも、その問題に対して「何が原因なんだろうか?」と、思考を重ねていくことが重要なのです。

 

その思考に対して、今まさに無料ブック(レポート)をプレゼントしていますので、ぜひ受け取ってください↓ 

aspergerlife.hatenablog.jp

 

いかがでしたでしょうか?

 

ぜひ、根本的な解決を考えてください

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

 

休息日を設定して、疲労を減らす↓

aspergerlife.hatenablog.jp