にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火曜日+α 21:00以降更新!

コミュニケーションができることにより、苦しむ人々

f:id:world216636:20180316173532j:image

(画像はぱくたそ様より)

From:INてぐらる

 

あなたは、コミュニケーション能力を高めたいと思いますか?

 

もしかしたら、「そうだ」「そうかも」と答えるでしょう。

 

しかし、、、

 

あなたは、コミュニケーションで苦しみたいですか?

 

と、聞かれてあなたは「仕方ない」と答えるでしょうか?「絶対にイヤ!!!」ですよね?

 

で、あれば続きを読むことをオススメします。

 

正直に申し上げますと、私はコミュニケーションが苦手な方です。話しているうちに人の気持ちの理解には時間がかかるときもあります。

 

しかし、世の中には「コミュニケーション」が得意な人がいるようです。私が通っている大学にも多くいます。

 

さぞかし、人間関係構築も得意なのだろうと思い、ゼミの中で「得意な」タイプを少し観察しました。

 

そこで感じたのは、私より彼らの方が人間関係の構築、価値の構築は下手だったということです。あろうことか、彼らはそれで損していたのです!!!私が得意というわけではありませんが、、、

 

そこで疑問に感じました。「なぜ?彼らの方がコミュニケーション能力が高いのに、人間関係によって彼らは苦しむのだろうか?」

 

私は全く苦しんでいるというわけではありませんし、過去に何度も苦しみました。しかし、彼らはそれ以上の苦しみを感じているように見えました。

 

もちろん、これはただの観察から感じたものです。おそらく彼らに聞いたとしても「何言ってるんだ?」と言われるでしょう。

 

しかし、私たちアスペルガー症候群が「コミュニケーション能力を高めよう」と思ったとき、もしくは強制された時に、思い込みで「人間関係の構築、コミュニケーションで自分が苦しんでも仕方ない」と、思ってしまうでしょう。

 

しかし、苦しみを覚えるコミュニケーション・人間関係には価値がありません。

 

先ほど申し上げた普通の彼らが下手なのはその点です。彼らは何の脈絡もなく、友人・知り合いの愚痴を延々と語り始めるのです。

 

彼らは無駄なコミュニケーションをし、私に損害を与えたのです!しかも、これをくりかえすのです!

 

・人間関係構築の真価

 

コミュニケーションや人間関係構築において、価値がある行動は「付き合いを増やす」ことではありません。「そのためのテクニックを増やす」ことではありません。

 

「友人が○人」「知り合い/友人に○○がいる」のような自慢をする人が、最近いるかどうかはわかりませんが、付き合いを増やす、つまり付き合う人数を増やす、付き合う人の質を高めることはに価値があるというのは、大きな間違いです。

 

一言言えばいいでしょう「だからどうした?」と…

 

では、コミュニケーション・人間関係構築の真価、真に価値ある行動は何でしょうか?

 

それは「お互いの目標への貢献」をベースにした関係です。

 

そして、コミュニケーションや関係において価値ある行動は「貢献」です。

 

・利害の一致?そんなものじゃない

 

これを言うともしかしたら、お金や能力での関係と考える人もいるかもしれない。しかし、これとは全く異なるものです。

 

ここで重要なのは「相互の信頼」です。

 

綺麗事では、ありません。確かに短期的には利害の一致で済む場合もありますが、その場合「お互いの利害」が変わった瞬間、裏切り・亀裂のような状態になります。

 

「利用されているんじゃ…」という疑念を常に持つようになります。

 

しかし、「相互の信頼」には「貢献」が発生します。あなたは相手の目標のために貢献し、相手はあなたの目標のために貢献してくれる、そのような関係にこそ価値があるのです。

 

そして、これは普通の人のコミュニケーション、例えば「ただ明るい」「真面目」「はっきりとした」では作れません。

 

相手な対する貢献の行動が作ります。また、これは対面でなくとも、メールでも、ブログでも可能なことです。

 

・だから「貢献する人」を選ぶ

 

だから、あなたが貢献する人を選ぶ必要があります。

 

この選択は、えこひいきのようなイメージを持つかもしれません。しかし、私たちが貢献できる人には限りがあり、貢献できる人の種類は限定されます。

 

例えば、このブログは基本的に「アスペルガー症候群のあなた」への貢献を目的に記事を書き、表現しています。例えばADHD自閉症の方々に対しては同じ発達障害でも、貢献できません。一般の方ならもっとです。

 

もしかしたら、アスペルガー症候群以外にも貢献しているかもしれませんが、それはその方々が「読んであげよう」と学んでくれたお陰です。

 

また、もっと言えば私がブログを通じて貢献できるのは「このブログを読みに来てくれる人」だけです。増やすことはできますが、限りがあるでしょう。

 

対面でも、「私が会える人だけ」「私が連絡先(メールや住所、電話番号など)を知っている人だけ」にしか貢献できません。

 

ですが、それで良いのです。それ以外に貢献を安売りする必要はありません。私たちは完璧、万能ではありません。

 

もちろん、成長の過程で貢献できる人は増えます。実際、私がよく学んでいる起業家は、10のジャンルのコンテンツ提供の事業を、大成功させています。

 

私も、貢献を増やせるように努めていきたいですね。

 

・今の関係を洗い出す。

 

そして、まずやってほしいことがあります。あなたの知り合いを洗い出し、以下の2つの質問について考えてみてください。

 

①私はその人に貢献したいか?

 

②その人に、貢献したいだけの魅力、価値、能力、熱意、マインド(考え方)があるか?

 

この質問に2つとも、YESと答えた人が、あなたが貢献し、相互の信頼を築くべき人です!

 

実際、そんなにいないでしょう。ですが、あなたは貢献を安売りしてはいけません。少ないと感じるくらいで、充分価値ある人間関係であることは保証します。

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

 

P.S.  今は休みにしている、もう1つのはてなブログも新しい貢献に挑戦しようと生まれたのですが、ちょっと失敗しました…

あなたの本音を教えてください。