にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火曜日+α 21:00以降更新!

スキルの習得、スキルアップには、アスペルガー症候群の特性は最高の特性となる

f:id:world216636:20180123210504j:plain


From : INてぐらる

 

アクセスありがとうございます!

 

世の中には、ITスキル、語学スキル、マナーのスキルなど、様々なスキルがありますよね。

 

スキルというのは、強みのパーツの1つにもなりうるもので、私たちが後天的に、学びや教育などで身に付けた技能のことです。

 

そして、スキルの習得のいい点は、自由であるということです。

 

私たちは、手にしたいスキルを選んで、習得し、そのスキルで仕事などを通して人生の質が向上するのです。

 

今回は、アスペルガー症候群であるあなたがスキルを習得したいときにどのような考え方で、実践したらいいかをお伝えします。

 

・「こだわり」無くして…

 

まず、理屈の上では、どんなスキルであれ、ほとんどは誰でも習得できます。

 

ただ、そこに得意不得意はあります。身体的なものは才能が左右することはありますし、さすがに3歳ぐらいの子供がスキルを習得することはないですが、仕事に役立つスキルでもITスキルに苦手意識を示す人はいます。

 

ただし、本当にスキルを自分のものにできるかどうかの鍵を握っている、アスペルガー症候群の特性があるのです。

 

それが、「こだわり」です。

 

スキルの習得には、一定期間、ほとんどの時間を習得や実践に使います。質も伴ってくるでしょう。

 

「この時間は、必ずこれをやる!」という決断をする必要があります。

 

この「一定期間、質を伴う学習、実践」こそが、スキルの習得には必要で、こだわりがこれを実現します。

 

たとえ、得意な分野であってもこだわりがなければ習得することはできないでしょう。

 

「集中力」も、もちろん必要ですが、こだわりがあってこそ、相互作用で集中力は発揮され、実行できます。

 

そして、アスペルガー症候群であるあなたは「こだわり」を既に持っています。

 

多くの人は、こだわりを持つことは難しいですが、あなたは持っています。

 

あなたは、スキルの習得に、困難なことはほとんどなく、一気にレベルアップできるでしょう。

 

・「望み」「納得」がなければ活かせない

 

しかし、こだわりが強いため、心の底から納得できない、望んでいないスキルを習得することは逆に困難になります。

 

こだわりが働いて、そのために時間や労力を費やしたくないと感じるからです。

 

しかし、これは悪いことではありません。

 

そのスキルはあなたの適性に合っていないことがわかったから、別のスキルを探し、適性に合うものだけを習得すれば良いのです。

 

逆に言えば、適性に合わないスキルにこれ以上無駄な時間を使わなくて済んだのです。

 

・時間をかけると納得する場合も!?

 

ただ、「本当に最初の段階で判断してしまうと、適性に合ったスキルの習得を逃す可能性がある」というのが現実ありますし、難しい点です。

 

確かに、無駄に使わないようにするには、最初の方で判断するのが正しいのです。確かに

 

しかし、「ああ、上手くいかなかった、合わないんだな」と本当に最初の方で感じてしまい、習得をやめてしまうことは、「本来、合っていたスキルの習得を逃した」という損失が起こります。

 

これを、回避するには?

 

それは、最初から上手くやろうとせず、習得を楽しむ考え方で、スキルの習得、スキルアップを行うことです。楽しむことにこだわるのです。こだわれるかどうか?を見極めるのです。

 

実際、私が今、習得しようとしているスキルは、今の私にとって結構難しいです。しかし、楽しいので、続けています。

 

パズルだって、最初は上手く作ることはできませんでした。しかし、楽しいので1年、2年と続いてきたのです。

 

・「手にしたい」スキルを!

 

ですので、「手にしたい」「本当に欲しい」スキルを探し、実行することが、あなたの成長に繋がりますし、人生の質を高めます。

 

自信もつきますし、強みの発見や強化にもつながります。

 

探してみてください

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

あなたの本音を教えてください。