にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火曜日+α 21:00以降更新!

警告:趣味を無くしてはいけない!

From : INてぐらる

 

今回は、最近の私の失敗談についてお伝えします。

 

実は、この間まで、アスペルガー症候群向けのコンテンツ作成のために、趣味をしなくなってしまった時期があったのです。

 

私は元々、カードゲームが好きで、結構やっていたのですが、それをいつのまにかやらなくなっていたのです。

 

意識的にやめていたわけではなく、自然にやらなくなっていたのです。

 

この話を聞いて、おそらくあなたは、私が1つのことに集中できて上手くいっているように感じるかもしれません。

 

私もそう思っていたのですが、実際には上手くいかなかったのです。

 

これは、驚きの事実でした。「趣味」をやめたことが、私のパフォーマンスを低下させていたことを示していたのです。

 

・趣味は休息の一種だった

 

ここで、自分の日々を分析していました。そして、あることに気付きました。

 

それは、趣味は休息の一種だったということです。

 

休息の目的である「回復」を担う役割だったのです。

 

では、趣味は主に私たちの何を回復しているのでしょうか?

 

それは、「感情」です。私たちの「楽しい」「嬉しい」「ワクワクする」という気持ちを回復しているのです。

 

「昼寝」は「身体」や「精神」の回復に長けていますが、趣味は「感情」の回復に特化しているのです。

 

・回復不足

 

私は趣味をやめた結果、感情の回復が充分にできなかったと自己分析したのです。回復しきれていなかったのです。

 

回復量が不足すれば、当然、日中の量も不足します。欠乏症に陥ります。

 

その結果、ネガティヴな感情に支配され、パフォーマンスが低下したのです。

 

・ただし、義務感におもわない

 

ただし、感情の回復のネックとなるのは、義務感に思ってしまうことです。多くの場合、義務感は感情にダメージを与えます。

 

これは避けなければいけません。ですので、楽しむ気持ちで、やってください。

 

義務感に思いかけたら、すぐにやめてください。

 

いかがでしたでしょうか?

 

趣味は、感情の回復に役立ちます。その時間を確保しましょう

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。