にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火曜日+α 21:00以降更新!

曖昧さを取り除く単純な方法

f:id:world216636:20180524110100j:plain

From : INてぐらる

 

人と生活している時、私たちアスペルガー症候群は曖昧な表現、言葉に悩まされます。

 

「これくらい」「その程度」「近いうちに」「早めに」など、曖昧な指示は常に起こります。

 

仕事であれ、学校であれ、家庭であれ、この曖昧な表現は起こります。

 

私自身も、今まで悩んできました。

 

今回は、あなたが曖昧な表現、発言に対してのどのような考え方を持ったらいいか?、どのようにあなたが対処するべきか?をお伝えします。

 

・あなたが「読み取る」必要はない

 

事実を率直に申し上げますと、曖昧というのはほとんどの場合、「悪」である事が多いのです。

 

個人的には、曖昧さが許されるのは小説、絵画などのアート作品での表現には、はっきりしない表現をする場合がいい時があります。

 

ですが、いつまでに作品を仕上げる、作品のテーマや構成が曖昧なものはないでしょう。

 

また仕事、ビジネスでは本来曖昧さは許されないものです。ホウレンソウ(報告・連絡・相談)や契約で、「これくらい」や「近いうちに」というのは許されるでしょうか?確実にトラブルを引き起こします。

 

もちろん、コミュニケーションにおいても曖昧さは、大きな悪影響をもたらすでしょう

 

しかし、多くの人は曖昧に物事を進めようとします。

 

これは、どういう事なのでしょう。

 

それは、多くの場合彼らはコミュニケーションをないがしろにしているのです。だから、彼らは自らの曖昧な発言で、自分の首をしめるのです。皮肉なことに彼らは「コミュニケーションが大事」と言っているにもかかわらず、様々な要因で曖昧さを生み出し、トラブルを引き起こすのです。

 

彼らの曖昧さを生み出す要因は、大きく分けて以下の3つです。

 

①知識・能力の不足

 

これは、単純に、発言者がきちんと推測できるほどの知識がない、又は推測するためのロジックを知らない、その能力がない時に曖昧さが生まれます。

 

もちろん、完全に物事をこなせる人はいないので、必ず不足しますが、その事実を曖昧にするのではなくはっきりと伝えることで、曖昧さはなくなると考えています。

 

②コミュニケーションでの甘え

 

アスペルガー症候群が苦しむ曖昧な指示の多くは、情報を伝える際の発言者の甘えにより発生します。彼らは自らの認識のみで「これくらいわかるだろう」という間違った推測をし、コミュニケーションをしているのです。

 

そして、これはその場しのぎで発言している場合にも、甘えが生じます。

 

③思い込み

 

甘えと似ているのですが、発言者が勝手に共通認識を持っていて、それを伝える時に「曖昧さ」が生じます。

 

曖昧な発言の中に出てくるあれ、やそれ、といった「代名詞」は、本来は簡略化して伝わる素晴らしいものなのですが、あくまでも聞き手に「その代名詞に対しての認識が、発言者と同じであること」が重要です。

 

つまり、発言者が「認識を持っているだろう」と勝手に思い込んで「曖昧に」しているのです。

 

いずれにせよ、曖昧な発言や指示はその発言者の責任であり、あなたが理解できないと悩む必要性もなく、罪悪感も感じる必要もないのです。彼らは怒るかもしれませんが、それは逆ギレなのです。

 

とはいえ、相手に「曖昧さを取り除け」といっても、なかなか難しいものです。こちらで対処した方が、簡単ではあります。

 

では、相手から曖昧さを取り除くにはどうすればいいのでしょうか?

 

・質問する!

 

その答えが、質問するということです。

 

簡単です。相手が曖昧なら、こちらから聞いてはっきりとさせるだけです。相手の口から相手の意思と認識を、はっきりとした言葉にさせるのです。

 

ここで罪悪感を感じる必要はないのです。むしろあなたは、曖昧さを取り除いたのですから

 

また、質問すると相手にスイッチが入る事があります。

 

どういうことか、相手ははっきりしたくても、閃いていないから、曖昧にしか表現できない事があります。

 

そこで、明確に質問する事で、相手にスイッチが入って、閃いて、はっきりと表現してくれる事があります。

 

これにはさらなるボーナスがあります。それは、相手に感謝されるという事です。

 

・曖昧なままで困るのは?

 

曖昧なままで困ることは、想像以上に多いです。

 

日常生活では、あなただけでなく発言した相手も困ります。

 

そして、仕事になれば取引先など多くの人を困らせることになります。

 

私たちは、曖昧ではなく事実や明確なことで行動するのです。

 

アスペルガー症候群の大きな活躍へ

INてぐらるでした。

 

P.S. 新刊、アスペルガー症候群のための日誌の書き方の解説本

http://amzn.asia/1XnxONt