にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火曜日+α 21:00以降更新!

強みを磨いて、カリスマティックなアスペルガー症候群になる方法

f:id:world216636:20180716110650j:plain

From : INてぐらる 印西市の自宅より

 

今回はかなりインパクトがあり、一般的には受け入れにくい考え方のアイデアをお伝えします。また、私自身がまだ実践中のため、もしかしたら実証できずに終わるかもしれません。

 

ですが、歴史的に偉大なことを成し遂げた英雄的人物や、時の権力者がこの考え方を持っていたのではないかと思いますし、私自身は「自分自身で実証できる」と確信していますので、今回お伝えします。

 

ですので、もし、強みを活用して人を惹きつけ、自分と他者の理想を実現したいのであればこの記事を読んでみてください

 

・スパルタ人の発想

 

あなたが歴史に詳しいのであれば、ギリシャのスパルタ国の話は聞いたことがあるかもしれません。「スパルタ教育」の語源でもあり、厳しくも強い国にすることが共通の理念にありました。

 

さて、ヒントとなる発想を生み出した背景をお伝えします。

 

スパルタという小国には、市民が2万人なのに対して、奴隷が20万いたそうです。この時市民や国が恐れいたのは「奴隷たちが一丸となって反乱する」ことです。

 

普通なら確実に負け、どうにかしようと考えました。

 

その後、スパルタの王はある1つの結論を出しました。

 

それは、、、、

 

 

「市民1人が奴隷10人に匹敵する、もしくは圧倒できる力を身につければよい」

 

 

ということでした。

 

ここから、厳しい教育が国全体で始まりました。現代では受け入れられない内容です。

 

ですが、この結果、圧倒的な兵士数の差にもかかわらず、ペルシア兵を2万人倒した「テルモピュライの戦い」という、ギリシャがペルシアに勝つことに繋がる偉業を成し遂げました。

 

・単純な話ではありません。

 

この話は一般的に無茶苦茶な話として言われていますが、しっかりと知略もありました。「ファランクス」という少数で多数の兵を倒す戦法も生み出しました。

 

そもそも、この発想につながること自体が非常識な発想です。単純な話ではありません。

 

・あなた1人VS そのほかの人10人

 

つまり、私がお伝えするアイデア「あなた1人が、他の人10人に圧倒できる力を得ればいい」ということです。

 

当然、今はスパルタ国の時と状況が違います。

 

違いは2つあります、1つ目は「力は筋力のような物理的なものでなくあなたの中にある強み、圧倒とは、相手を倒すことではなく、影響を与えること」です。

 

つまり、強みを磨き、活かして他の人に影響を与えることが、その他の人を圧倒したことになるということです。

 

もう1つの違いは、「テクノロジーの進化によって、影響を与えることは10人以上可能だ」ということです。

 

つまり、100人、1000人、10000人にテクノロジーを活用することによって、あなたたった1人で影響を与えることが可能ということです。

 

事実、このような事例は、珍しくないですよね?

 

・当然、痛みもあるし悪用できてしまう

 

この方法は当然、好かれにくい考え方です。「傲慢」と受け取られかねない側面もあり、それ故に嫌われるかもしれません。

 

また、歴史的にみて、この発想で独裁者になった人は少なくないと思います。当然、あまりにも私利私欲に活用してしまえば全てが崩壊するでしょう。

 

しかし、その痛みを覚悟できる、もしくは受け入れられるのであれば、あるいは純粋な善意で考えれば、この思考はあなたをにとって、自分の流儀で生き、多くの人を助けることも実現できる素晴らしい考え方だと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

 

あなたはこの考え方をどのように捉えますか?自分自身に合っているものですか?

 

考えてみてください。

 

アスペルガー症候群の誇りある人生のために

INてぐらるでした。

 

P.S. もし、この方法に興味があるけど

 

「強みがわからない・・・」

「この発想は自分にとって本当に合うものだろうか?・・・」

「この考え方をとりえるにはどうすればいいのか?・・・」

 

と、思っているのなら、日常的に考える時間を確保するために

 

日誌の習慣がお勧めです。

 

こちらから、コーヒー代3日分ぐらいで、手に入れられるのですが・・・

 

aspergerlife.amebaownd.com

あなたの本音を教えてください。