にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火曜日+α 21:00以降更新!

警告!これを決める前にアスペルガー症候群を改善・治療してはいけません

f:id:world216636:20180626140012j:plain

(画像はぱくたそ様より)

From INてぐらる

印西市にあるとあるバス停から…

 

悩みというのは、霧のようなものだと思います。

 

日中でも夜でも、霧が出ていれば不安を感じます。そして、霧の中にある人影が例えあなたの身内であっても、不審者に見えて青ざめてしまうかもしれません。また、霧によって道を間違えてしまうかもしれません。そして、霧は目の前にあるように見えますが、実際は触ることはできず。この霧の発生を、人は予測できません。(気象予報士ならできる…かも?)

 

人生において、悩みとはまさに霧です。問題を大きなものに見せて、その上、実態を隠し問題の解決を阻み、問題の発生の原因は後からなんとなくわかりますが、悩みはいつ発生するのかは後から考えてもわかりません。そして、実際は問題を解決しなければ、悩みは無くなることはありません、しかし、強く感じているため悩みを、消そうとしてしまいます。そして、アスペルガー症候群は悩みと戦うことはしょっちゅうですよね?

 

そして、今回お伝えすることは、悩みによって引き起こされる、人生において、その問題や悩みより大変なことに関することです。これは控えめにいっても、あなたの人生から幸せをたくさん奪います。

 

そして、この大変なことというのは、"あること"を決めないから引き起こされるのです。

 

さて、悩みによって引き起こされる最も危険なこと、そして、それを回避するために決める"あること"についてこれからお伝えします。

 

・悩み=霧だから…

 

さて、霧の説明の時に、「道を間違えてしまうかもしれません」と言ったのを覚えていますか、これはあなたの人生・ライフスタイルでも起こります。つまり、「悩みによってあなたが進むべき道を間違える」ということです。

 

「間違える」という言葉には、実はより深い意味が隠されています。というのも、問題によって路線変更するのは、原因などを正しく捉えられているから、責任をもって判断できます。そこから、次の道を決めて最終的に正しい道に戻れます。しかし、悩みは感情が伴い「より恐ろしいもの」として私たちは感じます。

 

これを正しく見ていると言えるのでしょうか?原因などを正しく捉えられる問題という形でしょうか?この悩みの状態で判断して、責任を持って判断した!と言えるでしょうか?

 

つまり、悩みは間違った道に向かわせる霧なのです。私にも経験があります、目の前の悩みを解消しようとして、目標から逸れてしまって、軌道を修正する…これを繰り返していました。

 

そして、悩みによって道を間違えると、いつの間にか「これが良かったんだっけ?」という釈然としない人生になります。実は、その悩みが解消されても、釈然としない感覚に囚われます。

 

目の前の悩みにとらわれただけの人生になってしまうかもしれません。そして、私のように道から逸れたことに気づいても、そこから戻るのは大変なのです。

 

つまり、悩みによる危険なことは「目標達成への道からあなたをそらす」ということです。

 

そして、悩みが解消されたとしても、道から外れることがあります。

 

・まずは、正しい道標を決めましょう

 

そこで、まずは「あなたの得意と情熱を組み合わせ活躍した結果、実現した理想の生活」を決めましょう。とはいえ、これは一例です。

 

正しくは「あなたの正しい道標」を決めることです。

 

これが、あなたの悩みという霧を正しく問題にして、解決に向かわせ、道から外れないようにするライトのようなものになります。

 

つまり、悩みを解消しようとする前に、アスペルガー症候群の改善・治療をする前に、正しい道標、理想の生活を決めましょうということです。

 

ここで、重要なことが起こりします。実は、悩みを、問題にするとそれはそもそも問題ではなかったということが起こるのです。つまり、そもそも悩まなくていいことだったということに気付くのです。

 

つまり、理想の生活、正しい道標を阻み、それを自分で取り除けるのなら、それが「解決すべき問題」であり、それ以外、つまり、阻まないあるいは自分ではどうすることもできないことならそれは「解決しようとするべきでない問題」なのです。

 

これは、「どうなりたいか?」「今、どうあるべきか?」があればわかるのです。

 

・理想があれば、問題が減る

 

よく、「目標を決めましょう」というのは、多くの自己啓発系のコンテンツで言われています。

 

私はこれを肯定しています。ですが、正しい目標でなければ意味がありません。

 

そして、モチベーションアップやポジティブになるということ以上に、私は「悩み・問題を減らす」という効果があると考えます。

 

つまり、理想の実現を阻むことだけがあなたの問題であり、それ以外はあなたの問題ではなく悩む必要もないということです。

 

ですので、あなたが悩みを抱えた時、アスペルガー症候群の特性があなたに悪影響を与えて悩んだ時、正しい目標・理想と照らし合わせてください。そして、問題を選択して、それを解決できそうな策を実行してください

 

悩みを解消したいから、という理由で改善のためのコンテンツやコーチを頼ることは避けてください。例えば、「適応を超えた貢献」が本当の理想なのに、「社会に適応する」方法を実行してしまったら、大変ですよね。

 

ですが、先に進むために一時的に霧を払う必要があるのなら、そのためだけに解消してください。

 

アスペルガー症候群の誇りある人生のために

INてぐらるでした。

あなたの本音を教えてください。