にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火曜日+α 21:00以降更新!

非常識なのはダメ?残念!違います!

f:id:world216636:20180721111359j:plain

From : INてぐらる 

 

今回は、あなたにアスペルガー症候群が大きな活躍をするために必要な考え方、価値観をお伝えします。

 

アスペルガー症候群の成功事例」はあなたも聞いたことがあるでしょう。しかし、その背景にある重要なアイデアについては、多くの当事者は触れていません。なぜなら、それを口に出してしまえば、多くの人を敵に回すかもしれないからです。

 

しかし、私は彼らのそのアイデアを私なりに汲み取り、伝えることにしました。もちろん、必ずそう思っているかどうかはわかりませんよ?

 

アスペルガー症候群に必要なのは、、、

 

結論を先に申し上げます、アスペルガー症候群が充実した誇りある人生を送るためには、「非常識さ」が必要です。

 

スティーブ・ジョブズビル・ゲイツに関して、私たちアスペルガー症候群が抱いてしまう誤解は「非常識に振舞っていても、認められたのは、成功し、認められたからだ」と思っています。

 

実は逆です。「非常識に振舞ったからこそ、成功し、認められた」が真実です。

 

ジョブズが身なりを整えはじめたのにも非常識な理由があると考えています。

 

過去に彼は、その身なりが適当の時には見向きもされないことに気付き、整えたら聴衆が聞いてくれたという話があります。

 

これを、ジョブズが「身なりを整えるのは最低限の礼儀だよな…」と思っていたのなら、あそこまで成功しなかったでしょう。恐らく彼は「自分と自分のアイデアを強力に認めさせるにはどうしたらいいか?」ということで、身なりを整えたと私は考えています。

 

つまり、彼にとって「身なりを整える」のは、「視覚的に優位に立ち、認めさせる」ための手段だったのです。現に、日本で有名になっていた時のプレゼンでは割とラフな格好でした。

 

また、これは「行動が常識的に見えても、その背景にある考え方が非常識」という例です。

 

・非常識でなければ、幸せになれない!?

 

私は常識は、個人的・社会的に価値あることを奪う側面があると考えています。

 

個人的に価値あることは、個人の成長と幸福です。常識により、この2つの機会を奪われます。

 

考古学や進化論などでも、「海から最初に陸に出た魚がいて、それが今の生物につながっている」という話しがあります。

 

もし、全ての魚が常識的だったら、彼らは海の中、水中しか知りません。非常識な魚がいたから、その魚は陸地を味わうことができたのです。そして、その魚は陸地に合うように成長できたのです。

 

社会的な価値としては、進歩の機会を奪います。イノベーションはほとんどが「非常識さ」から生まれています。既存のアイデアの組み合わせでも、その組み合わせをしようとした発想は「非常識」ですよね?

 

そして、進歩の機会が無くなるということは、社会の崩壊に繋がることもあるのです。進歩を望まず、平等と維持を目指し、旧ソ連で行われていた社会主義も、実質破綻しました。

 

・非常識には痛みも伴う

 

とはいえ、非常識さには、デメリットがあります。まず、非常にエネルギーを使う、難しいことがあります。なぜなら、おおよそ私たちは常識に囚われています。しかも深く、です。アスペルガー症候群は、この鎖を外しやすいですが、アスペルガー症候群でさえ、多くの体験から、常識に支配されます。

 

そして、人生においての"痛み"を伴う覚悟が必要です。今までの友人に嫌われるかもしれない、心無い言葉を浴びせられるかもしれない、失敗するかもしれない、これらの痛みを覚悟する必要があります。

 

ですが、覚悟できた人が幸福になると私は信じています。

 

・非常識に考えるための2つのポイント

 

最後に、「非常識に考える」というアイデアを実行するための2つのポイントをお伝えします。

 

①自分の信念、ポリシーを決める

 

非常識だとなぜ幸せなのでしょうか?非常識だと、なぜ成功できるのでしょうか?そして、意外にもなぜ、魅力的に映るのでしょうか?

 

それは、非常識な人であるほど、自分の信念や方針・ポリシーを持っています。自分がどうありたいか?何をするべきか?が明確なのです。

 

まずは、信念・ポリシーを考えてみましょう。

 

そうすると、目標も決めやすくなります。

 

②疑う、反論する

 

もう1つのポイントは、見つけた概念・価値観、誰かしらの発言、ニュースの伝達といったことを疑うのです。自分の考えを活かして、ロジカルに反論するのです。

 

これは、非常に重要です。固定的な価値観=常識を正しくみることができ、その上で判断できます。

 

また、「変わったものの見方」のほとんどは「既存のアイデアへの疑い・反論」から生まれているのです。

 

そして、何より「非凡な思考」が身につきます。私たちの最高の武器で、多くの人がやりたがらない「思考」が得意になります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

非常識さは、私たちの武器であり、社会に対する大きな貢献のカギです。

 

意識してみましょう

 

アスペルガー症候群の誇りある人生のために

INてぐらるでした。

 

あなたの本音を教えてください。