にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火曜日+α 21:00以降更新!

アスペルガー症候群のモチベーションアップつの方法+モチベの本音

今週のお題「わたしのモチベーションを上げるもの」

 

f:id:world216636:20180725125209j:image

 

From:INてぐらる

 

今回は、珍しくお題スロットからテーマを選びました。

 

私や、アスペルガー症候群がモチベーションを上げる2つの方法をお伝えします。

 

そして、モチベーションに関する”私の本音"もお伝えします。

 

・モチベーションアップ方法その1:目的・目標を意識する

 

まず、私たちアスペルガー症候群の「こだわり」「合理性」「目標達成の意志」を活用することで、モチベーションを引き出すという方法があります。

 

この方法は、割と根本的かもしれません。情熱を持って臨む、ということです。

 

また、私たちのモチベーションがない原因は「それをやる意味をしっかりと把握していない、納得していないから」ということがあります。

 

例えば、私がルールやマナーなどの社会性を身につけるのを嫌っていた時期は、「適応、隷属」が目的だったからです。しかし、「認めさせる道具として使うために」という納得できる目的なら好んで身に付けます。

 

また、勉強が嫌いだった時期もあります。しかし今では大好きで本を読むのも苦ではありません。嫌いだった時期は、目的がなかったわけです。今では、「賢くありたい」という目的があるのです。

 

つまり、あなたが今やっていること、これからやっていくことの本当の目的を考えてください。

 

これによって、モチベーションは生まれますし、また、目的がはっきりしない、望みと違っていたのなら、無駄な行動をしなくてすみます。

 

・モチベーションアップ方法その2:締め切りを縮める。

 

これは、「責任感」を活用します。つまり、あらかじめ決めていた締め切りを、行動の途中で、あえて短くするのです。

 

また、この方法は「週4時間だけ働く」(著:ティモシー・フェリス)でも紹介されていたパーキンソンの法則 でも理にかなっているのです。

 

その法則は

第1の法則

仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

 です。

 

ここで、注目するべきは「仕事の質」ではないということです。つまり、期間が1週間でも、3日でも、仕事の量は1週間の方が増えるけど、結果はほとんど変わらないということです。

 

つまり、物事がやり遂げやすくなり、達成感もその間のモチベーションもグンと上がります。

 

このように、あえて期間を短くすることで、責任感とパーキンソンの法則を活用して、モチベーションを高めることができます。

 

・モチベーションの"私の本音"

 

と、ここまで述べていて、言うのもなんですが、、、、

 

私は今、「モチベーションに頼らないようにするにはどうしたらいいか?」を考えています。

 

実際、「目的意識」において、こだわりが極端に働かせることができれば、そもそもモチベーションが高いなど、意識していないはずです。

 

また、モチベーションに頼るのは非常にリスキーだと、私は思うのです。

 

なぜなら、モチベーションは体調や、サカーディアンリズム、その時の感情にかなり左右されてしまうからです。

 

また、私たちの疲れやすさの一端を担うのもモチベーションです。私たちの体調管理を無視して、動けてしまう力があります。

 

だから、実際のところ私が作りたいのは

 

モチベーションに左右されることなく、行動できる仕組み

 

を、作ろうとしています。

 

そうすれば、コントロールが難しい、できないことに、振り回されにくくなると私は確信しています。

 

アスペルガー症候群の誇りある人生のために

INてぐらるでした。

 

 

あなたの本音を教えてください。