にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Asperger Life アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」

あなたはアスペルガー症候群ということで、悩んだり生きづらさを感じていませんか?このブログはそんなあなたが活躍できるように、アスペルガー症候群(AS)である管理人の体験、経験、知識をもとに、実践している「生き方のコツ」を伝えるブログです。一緒に頑張っていきましょう。現在、火曜日+α 21:00以降更新!

自己中なアスペルガーが成功する理由

f:id:world216636:20180802121904j:plain

 

From : INてぐらる

 

アスペルガー症候群に対して度々言われるイメージは「自分勝手」「自己中」です。

 

多くの人はマイナスと捉えがちですが、私はこれがアスペルガー症候群にとって非常に良いと考えていますし、もっとこの部分も身につけられたらなと本気で思います。

 

私たちは、普通の人の影響で、これを直そうとしますし、悪いイメージを持っていますので、このようにならないように振舞います。

 

もちろん、完全に自分勝手ですと、「価値」を生み出せなくなりますが、上手く活用することで、アスペルガー症候群は大きな価値を生み出せると確信しています。

 

・自分勝手というのは実際のところ、、

 

ではなぜ?自分勝手、自己中さが良いものなのでしょうか?

 

それは実際のところ、以下の要素があることを意味しているからです。

 

①自分のゴール・目標・理想に対して道を作り、自分の足で突き進める、邪魔をはねのけ、思うがままに・・・

 

②常識がどうあれ、自分の信念・正義を持ち、行動できる

 

この2つの要素は、確かに側から見れば「自己中」ですが、決してマイナスなものではなく、むしろ誇りある人生のために重要なことです。

 

面白いのは、目標が、利他的であり利己的でもあるなら、自己中なのに最終的に、自己中でなくなります。

 

ジョブズビルゲイツも、自己中なのは、この2つの要素を持っているからそう見えるだけなのです。そして大きな価値を生み出しました。

 

・リーダーは自己中?

 

また自分勝手、自己中は究極的には「責任感」「使命感」を生みだします。

 

意外かもしれませんが、リーダーは、多くの場合、自己中です。人々を率いるリーダーの心には「私が彼らを導く必要がある」といったり、「私が世の中を変える必要がある」と思っています。

 

よく考えてください、これはものすごい自分勝手です。自己中です。

 

だからこそ、彼らは本当に世界を変えられるのです。

 

なぜなら、彼らには先ほど述べた上記の2つの理由に加えて、「責任、使命」を感じているのです。

 

会社の理念、経営理念・企業理念だってそうです、「お客様の満足を届ける」といった言葉も、全てその企業の勝手なのです。企業がそうしたい、だけです。

 

でも、本気でやっているからこそ、実現するのです。

 

マズローの欲求階層説でも、高度な欲求は「人のために何かしたとき」です。

 

もしかしたら、究極の自己中は、究極の他者中なのかもしれませんね。

 

・だから、自分勝手は良い!

 

ですから、決して自分勝手を一概に悪いと決め付け、消し去ろうとしないでください。

 

もちろん、自分勝手も悪い方向に働くときもあります。人に無理やり押し付けた場合、完全に悪になってしまいます。

 

ですが、これは「ナイフは人を殺せてしまうけど、ナイフが悪いわけではない」レベルの話です。

 

要は使いようです。自分勝手という感覚すら、私たちは活用できるのです。

 

アスペルガー症候群の誇りある人生のために

INてぐらるでした。

 

あなたの本音を教えてください。